【オガティの星占い】2020年の運勢

いよいよ2020年ですねえ。
2010年代はどんなことがあったでしょうか。
楽しかった人も、そうでなかった人も、
この先の人生を輝かせていきましょうね。

2016年の運勢から始まって5回目となりますが、
初めて見る人も毎年見ている人も楽しんでいただけたらと思います。
そんなわけで、2020年は色々と変化が大きい年ですが、どうぞよろしくお願いします。

全体的な星の動き

火星

蠍座後半からスタートし、9月から11月あたり逆行しますね。
最終的には牡羊座に着地します。
新しい人生を切り開く、そんな感じを受けます。

木星

ほとんどを山羊座で過ごし、12月から水瓶座へ進みます。
5月から9月頃まで逆行するでしょう。
夢を形にする、それを加速させる形ですね。

土星

山羊座と水瓶座を行ったり来たりするような感じですね。
4月に一度水瓶座へ移動し、大きな変化を及ぼします。
その後6月に戻った後、12月に木星と一緒にせーの、と水瓶座へ。
この移動の前後で時代の変化を感じるのでは。

天王星

一年を通して牡牛座に留まります。
じっくりと新しい時代の働き方というものが浸透していくのかな、と。

海王星

相変わらず魚座に留まります。
長期的な流れの中にいる、そんな感じでしょうか。
牡牛座や山羊座等の天体とは厳しい角度を取らないので、ちょっと安心かと。

冥王星

こちらも相変わらず山羊座に留まります。
大きな流れは2019年と変わらなそうですね。

ざっと見た印象

2020年は非常に多くの天体が山羊座に集まります。
山羊座はうまく使えば夢を形にしていく良い形なのですが、うまく使わないと厳しく怖い星座。
S気質のある星座ですよね。

2019年までにしっかり目指すもの、夢とかやりたいこととかを見つけてきた人なんかは
よりそこへ向かってフォーカスが当たってくると思うのですが、
そういうものが見つからない人はどうにも厳しそう。
周りから置いていかれたり、理不尽なものに振り回されたり。
どうにもつらい印象を受けそうな時期になってしまいそうですね。

で。
これだけだとまだ良いのですが、この2020年という年はかなり一点集中な年。
正直ちょっとヤバいです。重いです。
夢へ向けて背中を押してくれる、というとかっこいいのですが。
2020年は後ろからトゲトゲのついた壁が迫ってくるようでして。
しかも冥王星と土星木星のコンジャンクションにより、世界規模でこの影響を受けます。
嫌ですねぇ。

ただこれ、突発的な感じじゃなくって、
長期的に、じっくり時間をかけて新しいものになっていくようでして。
そういう意味では徐々に不景気の波が押し寄せてくるとか、
やらなきゃいけないことの締切がじわじわ迫ってくるとか、
焦りのような感覚で突き動かされるのでは、と思います。
法律がもうすぐ変わります、とかそういう系の印象。

この瞬間に何かが起きます、とかそういうのはぱっと見感じないのですが、
フィールド全体がダメージゾーンになっているようで、それを防ぐためのスキル探しという感じでしょうか。
じわじわHPが削られていきます。

とりあえず、今の生き方とか働き方とか、そういうモヤモヤを抱えている人はそのまんまにしないように。
放っておくと化膿してひどいことになってしまうかもしれないので。

どうにも僕らはこの年、今までどおり普通に生きられないようです。
特に8月~9月あたりからは普通に生きるのが厳しそう。マジか。

もちろんやりたいこととか今後の世界が見えている人は、とっても良い時期。
こねた挽き肉を固めるように、どろどろのスープを煮詰めるように、少しずつ固まっていく年となるでしょう。
時間はかかりますが、時間をかけたほうが煮込み料理は味がしみるのです。

1月

射手座に火星が入ることにより、それなりに希望に満ちた年明けになりそうです。
山羊座の土星と冥王星のコンジャンクション、水星の山羊座→水瓶座移動とかもあるので、
ビジネス的に重いものがくる、じゃあもっと楽な世界へ、という感じになるのでは。

いずれにせよこの2020年のプロローグとしてはふさわしい時期、という印象を受けます。
うーん、来てほしいようなほしくないような。

2月

火星までもが山羊座へ。そしてここで水星逆行。
これは色々迷いが生じそうですよね。
新しい自分らしさを活かせるように生きるにはそれなりに大変だし、努力も必要。
それでもそんな未来を掴みたいですか?と試されている印象。
覚悟を試されるかもしれないです。

3月

一時的に土星が水瓶座へ移動。
水星も順行に戻って、ほっと一息。
人生に新たな閃きというか、抜け道を見いだせるかも。

ただこの新たな道が見えるというのは、今の道から先へ進むというわけで。
当然ながら今までの自分とはいられない。
ちょうど卒業シーズンでもあるので、新たな場所へ行く人も少なくはないのかなという印象を受けました。

4月

風星座へ天体が増えてきますね。
よりフットワークが求められる時期。
一人でじっくり、よりも色々な場所へ、色々な人と、のほうが活躍できそう。
ここまでが2020年の一つの境界線という感じでしょうか。
5月以降はまた色が変わって見えるので、覚えておくと良いのでは。

5月

5月はけっこう逆行天体が多いです。
今までのやり方じゃ思ったより前に進めなくて、あれれ?という感じも。
転調する音楽のリズムやスピードに乗り遅れないようにしましょう。
ヘッドが双子座に戻るので、色々動き回ったほうが良い結果につながりそう。
新しいことを学んでいって。

自分の内面を振り返るのにも良い時期です。
年明けにうまくスタートを切れなかった人は、ここで遅れを取り戻すと良いかも。
軌道修正にも良い時期ですよ。

6月

金星は順行に戻るものの、水星が今度は逆行へ。
やりたいことは見つかったものの、じゃあ何をする?とか。
そんな時期なのかなーと。

家庭とか仲間とか、自分が大切にしている人、場所。
自分にとって本当に大事なものがなんだか分かってくるのかなーと。
なかなか重要な時期になるのでは。

7月

この頃土星が再び山羊座へ。
ベンチャーを始めとする「新しいこと」ってのは全てがうまくいくわけじゃないです。
時に失敗することも多いです。
やっぱり従来のやり方はそれなりに歴史をつんできているからこそ存在するのです。
そんな感じに、新しいやり方と従来のやり方で悩むことがありそう。

どっちかいいか、じゃなくて両方の良いところを取り入れる。
そういう時期かなーという印象を受けました。

8月

良いリズムに乗れそうな時期ですね。
うまく自分が主役になって輝けそうな。
一見好調ではあるものの、木星土星逆行があるので、本当の幸せとか本当の成功とか
そういうものについては依然考えることが多そうです。

前半と後半でずいぶん印象が変わるかも。

9月

ここからまたリズムに変化がでてきそう。
8月で考えた自分の成功についてある程度答えは出たものの、
それに向かってどう進んだら良いか分からなくなるような。
「らしくない」自分というものが垣間見えてくるのかもしれないです。

が、それこそが次に目指す自分なので、そのリズムといかに合わせていくかがキーワードに。

10月

困った配置ですね。
この時期はあまり一人でいないほうが良いかも。
みんな色々悩んだり迷ったりしがちな時期なので、うまく周りの人を頼りましょう。
というかみんなで考えましょう。

たぶんこの時期起きる悩み、誰も答えを持っていないし、そもそも正解なんて無いので。

11月

さて2020年の目玉、グレートコンジャンクション。
山羊座にかかるので、これはなかなか時代を動かしそうです。
生き方、働き方、成功、ゴール。
そういう価値観がずいぶん変わりそうです。

やっぱり大きな流れの中だと、小さな僕らは簡単に流されてしまいます。
そんな流れに乗っていくか、流されるままか。
これから僕らがどう生きるか、しっかり考えないといけない時期ですね。

12月

これはある意味面白いですな。
ちょっと大きめなインパクトが待ってそうです。
今まで僕らが見たこと無いような、そんな発明が誕生したり、
新しい法律ができたり、そういう世界が次のフェーズへ進んだりするようなことが待ってそう。

歴史が変わるとき、昔の人はどう思ったか分からないけど、
やっぱり変わると決まったのなら自分も変わったほうが楽だし。
時代の変化に対する柔軟性が求められるのではないか、という印象を受けました。

星座ごと

量が多いので別ページにて解説します。
牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

それでは、2020年が良い年になりますように。