今を読まず、先を読む

Author:
red-arrow

例えば。
今からTwitter系サービスをビジネスにしていこう、と考えますでしょうか。
先行きが危うく今後どうなるか分からないTwitterですが。
普通に考えればあまり投資したくないですよね。

そんな感じに、今後そのサービスがどうなっていくかはしっかり見据えないといけないです。

Continue reading…

swift3+OSX開発格闘記第7回「do、try、catch」

Author:
apple-clip-art

どんな言語でもある例外処理、trycatch。
しかしswiftはtry catchじゃなくてdo try catchなのです。

で、tryに入る文はthrowできないと駄目。
キャストエラーをtry catchで引っ掛けるとかできないんですよ。
nullpointerとかtry catchで引っ掛けるんじゃなくてちゃんと判定しろ、ということなのですね。
まあ?とか使う時点でnullかどうかがすぐ分かるってことなのでしょう。

何でもかんでもtry catchに放り込めないのは使いづらくて嫌なのですが、まあ仕方ない。

で、さらに嫌らしいのはfinally。
普通の言語だとこうなりますよね。

try {

} catch {

} finally {

}

これがswiftだと

do {
  defer {

  }
  try
}
catch {

}

という構文に。なんですかこれは。
つまりのところ、catchの前にfinallyに相当するdeferが呼ばれるのです。
ああもう、と言いたいw

まあcatch文でexitしてもreturnしてもいいように、という意味なのでしょうけど。
ちょっと他の言語に慣れていると気持ち悪いですねえ。

イベント情報を集める場所

Author:
chat-bubbles

自分はよく色々なところに顔をだすとか言われている。
個人的にはあまりそう思っていないけど、まあ周りが言うからそうなんだろう。
で、どこで情報を仕入れるか、という疑問を持つ人がいたりする。
ってことで、だいたいどこから情報を仕入れるか考えてみた。

Continue reading…

swift3+OSX開発格闘記第5回「for文が、++が、、、」

Author:
apple-clip-art

swiftはC言語的な書き方を排除したいのか、色々と独自仕様を突っ走ってるのですよね。
で、for文の普通の書き方
for (i = 0; i < 5; i++) が書けなくなってしまいました。 for i in 0..<5という書き方に。 こういう独自な書き方使いまわしにくいから嫌なんだけどなあ。 Continue reading…

別の部署の問題で突然批判される人たち

Author:
022

なんだか昨今はDeNAさんが騒がしいですね。
まあ仕方ないといえば仕方ないのですが。
しかし、DeNAさんはメディア以外にもゲームとかコンテンツがありますよね。
そっちのチームにいる人にとっては突然非難を浴びることになってある意味かわいそうだったりも。

Continue reading…

どこで地盤を作るか

Author:
stone-wall-pattern

個人で活動するにあたって、それをサポートする場所はそれなりにあります。
が、そこだけだといかんせん弱い。
サービスを販売したとしても、誰だか知らない人のサービスなんてやっぱり怖いですから買うのをためらってしまうのですね。
じゃあどうすればいいか。
となると、個人としての信頼をどこかで作らないといけないですね。

Continue reading…