山登り型の人と波乗り型の人

Author:

最近、習慣化コンサルタント古川武士さんの「人生を決める成長スイッチをONにする」という本を読んだ。
なんとなく読んだ本だけど、予想以上に良くて、まさに会心の一撃でした。

この本によると人は2パターン、山登り型と波乗り型に分かれるらしい。
山登り型というのは山を登るがごとく夢へ着実に向かう人。目標を明確に持ち、それを細かくブレークダウンしてPDCAを作り上げていく、そんな人。
「ブラジルへ行ってプロのサッカー選手になる」とか「海賊王に俺はなる」とかそんな感じか。
有名人だと孫正義さんとかウォルト・ディズニーとか。

一方波乗り型はサーフィンするかのごとく、目標は漠然としていてその瞬間その瞬間で直感をもとに臨機応変に進むタイプ。
「もっと強い奴と戦いたい」とかですね。
有名人だと藤田晋さんとかスティーブ・ジョブズとか。


これを読んで、あーなるほどと。
自分が定量的な目標を建てるのが苦手で、コンセプトだけをもとに様々なことにチャレンジしているのは自分が波乗り型だからなのかあ。
非常に腑に落ちた。
確かに夢を具体的にして、そこから線を引っ張っていくのは合理的なんだけど、どうしても自分は点をひたすらに打って線にするほうが得意なのですし。
うまく両方の長所を活かした人間になれれば最高って事ですね。


それぞれのタイプの良い所悪いところが書いてあり、それぞれのアドバイスも書かれていてかなり良い本でした。

関連記事

出現する未来を読んでみた
U理論の本を買ってみた
山口揚平さんの『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』を読んでみた

Facebook にシェア
Pocket