間違っててもいいのです

Author:
022

人に何か教えたりする時って、それが正しいかどうか不安になることがある。
間違ったこと教えたらどうしよう、とか。
でも、それで立ち止まっていたらどうしようもないのですよね。
進めない。

僕は昔仕事とかで誰かにメールする時は、上司をCCに入れて間違ってたらツッコミ入れてください、という感じで送ることが多かった。
ま、結果的に間違えることはほとんどなかったのだけれど。
これが間違ってたら困るから上司任せ、だとまったく成長しないのである。

やっぱりこれが一番成長早いパターンなんじゃないですかね。
間違っててもいい、と思うこと。
ミスしてもいい、と思うこと。
フォローしてくれるような人がいるのなら、積極的に発言していくこと。

まあ誰も指摘してくれなくても、いつか気づきます。
過去の自分、だいぶ恥ずかしいこと話してたなと。
それはそれでネタにもなるし、悪いことじゃないかと。
何にしろ、間違いを恐れて発信しないよりはよほどいいですよ。

そういう事を考えながらずっとブログで占いを発信して一年ちょっと。
気がついたらずいぶんとレベルアップしている自分がいたり。
去年は年間占いだって1500文字くらいだったのに今年は10000文字オーバー。
最近は掲示板で初級講座の後輩の質問に答え初めていたり。

やっぱりアウトプットの量と実力は比例するのかなーと思ったのでした。

Share on Facebook
Pocket