本を書き上げるコツ

Author:

そろそろ電子書籍関連の話は終わりにしますかねえ。
とりあえず後これだけは伝えたい。
自分も書きたい、と思ってるけどネタが無いとか途中で挫折する、って人へ。

まずこれ勘違いしがちだけど、これをテーマに何か書く、とするとけっこう挫折します。
僕も一回IT参考書作ろうとして止まってしまいました。
まあいつかは書くでしょうけど、モチベーションが微妙に上がらなかったです。


なので、良い方法としてはとりあえず何も決めずに思うことを書き出すこと。
一日に書く量は数行でいいと思います。

それを日々続けると、意外と共通のテーマになっているのに気がつくはず。
それがあなたが一番書きたい本のテーマ。
あとはそれらを組み合わせていけばここをもっと書きたいと思ってくるはず。


僕もこのタイトルを決めたのは半分以上書き上げてからだし、タイトルを最初に決めちゃうと考え方とかも狭まってきちゃうんですよね。これはタイトルと合わないとか考えるようになっちゃって。

そして、どんな人でも書けると思います。
もちろん今まで文章書いたこと無い人がいきなり挑戦するのは厳しいけど。それでも少しずつ始めていけば絶対出来ます。
人間、けっこう無理だと思ってもできちゃうものなんですよね。


電子書籍を出したいと思う方、ぜひとも出してみて下さい。
応援してますよ。

関連記事

電子書籍の契約方法
電子書籍の書き方
発売されました

Facebook にシェア
Pocket