wordpressをぶっ壊したら、DBのwp-postsだけは何が何でも確保しよう

Author:
wordpresslogo

wordpressってのはDB、データベースと呼ばれるものにデータを確保しています。
そのためファイルが全部無くなったとしてもDBが無事ならファイルをアップロードし直せば基本的に復旧します。

そんなDBの中でももっとも重要なのがwp-postsと呼ばれるテーブル。
ここに投稿内容が全部詰まっています。
なので、復旧不能になっても最低限これだけは確保しましょ。
画面は見れなくなってもPHPMyAdminから見ればデータは残っているかもしれないので。

というかまずwordpressを使うのなら最低限データベースの基礎知識ぐらいは頭に入れましょ。
データベースとは規則的なデータの配列を格納する入れ物のようなもの。
エクセルのテーブルがあるようなイメージです。

商品名:みかん、単価:150円、原産地:愛媛
商品名:りんご、単価:100円、原産地:青森
とかこんな感じ。

んで、wp-postsの中には投稿日時や本文、下書きか公開かなどの情報がすべてつまっています。
タグとかはまた別の場所に入っているけど、タグのIDだけはwp-postsに入っています。

どうしても復旧ができなかったとしても、wp-postsのデータがあるってことは過去のデータが全部残っているわけなので、
極端な話新しいブログに手打ちで入れていくこともできるのです。

さて実際どうやれば取り出せるか。
大きく3つあります。

1.エクスポート
ダッシュボードのツールの中にエクスポートってのがあるので、ここから書き出せます。
まあこれはwp-postsを書き出すわけではないのだけれど。
一番手ごろだけど、ファイルがでかくなりすぎるとアップロード制限に引っかかってインポートできなくなる可能性も。

2.バックアップ系プラグインを使う
わかれば簡単なのだけれど、プラグインの仕様にもよるし、だいたい英語なので苦労するかも。

3.PHPMyAdminやMySQLDump
MySQLDumpはsshつなげないと基本的に動かせないのでPHPMyAdmin。
だいたいどこのサーバーも使えるはず。
必要なテーブルを選択してエクスポートを選択すればOKです。

やり方はどれでもいいので、たまにでもいいのでバックアップは取っておきましょうね。

Share on Facebook
Pocket