wordpressの自作テーマに興味があるなら、まずは子テーマを作ってみよう

Author:
wordpresslogo

wordpressのテーマには、子テーマというものが作成できます。
その名の通り一つのテーマをメインで使いつつ、一部だけ自分のソースに置き換える方法です。
テーマを作ってみたいけど色々大変そう、と思ったりメインテーマに手を加えたくないという場合は使ってみるといいかと。
ちなみにこのブログもBlissというテーマの子テーマになっております。

オブジェクト志向言語を使っていれば、継承という言葉を知っているでしょう。
それと同じで、子テーマ側にファイルがあればそっちを使い、無ければ親のソースを使うというイメージです。

このBlissというテーマ、有料なのですがダウンロードして解凍すると、メインテーマと子テーマのテンプレート両方が入っていました。
bliss

んで子テーマの中身はどんなものかというと、functions.php(空ファイル)、テーマのイメージ画像、スタイルシートだけ。
bliss2

さらにスタイルの中身は、テーマ用のコメントと親のcssを読む処理だけ。
bliss3

これだけあれば子テーマは作れるのです。
最低限cssのコメントにTemplateさえ記述されていれば子テーマとして認識されます。

子テーマを使うと親テーマが更新されたとしても、自分で変更された部分が上書きされることが無いのが強み。
以前使っていたテーマは何度か上書きされてしまった泣
それに、変にいじって動かなくなってもそのファイルを消せば親のファイルを使ってくれるから安心。

ってことでお勉強してみたい方は子テーマの作成をオススメいたしまっせ。

Share on Facebook
Pocket