wordpressテーマの構造

Author:
screen-shot

やっぱりwordpressでブログ書いている人だったら、多少は構造を知っておくと便利だったりします。
ってことで非常にざっくりとですが、wordpressの構造をまとめてみました。

テーマディレクトリ

テーマはwp-content/theme内に入っています。
一つのディレクトリに一つのテーマが格納され、style.cssとfunctions.phpてのがほぼ確実にあります。
style.cssがスタイルシートなので、デザイナーさんはここをいじればスタイルを変えられます。

index.php、home.php、single.php、page.php

ここら辺が一番最初に読まれるファイルです。
基本的にトップページはhome.php、通常記事はsingle.php、固定ページはpage.php、全部なかったらindex.phpが使われますが、single-XXX.phpとかあるとそちらが優先して読まれたりするし、トップページはテーマのカスタマイズで変えられるので絶対とは言えないです。

header.php、footer.php、sidebar.php

それぞれget_header()、get_footer()、get_sidebar()で呼ばれるphpファイルです。
名前の通りヘッダー、フッター、サイドバーを記述する感じです。

404.php

記事が見つからなかったときに使うファイルです。
無くても動きます。

content.php

テンプレートファイルです。
get_template_part()で呼び出されます。
テンプレートを分ける必要がなければ不要なファイルですね。

まとめ

wordpressのテーマは実際のところindex、function、styleだけでも動くのが特徴。
テーマによっては果てしない数にもなるけど、だいたい上記を覚えておけばなんとかなります。

Share on Facebook
Pocket