【オガティの星占い】来週の運勢(5/23~5/29)「デ、デ、デートしませんか」

Author:
Fotolia_61841810_S

最近、去年の秋頃に学んだホラリー占星術ってのがあるのですが、どうもこの占星術は特殊すぎて難しいっすな。
同じ時刻に占えば昨日も明日も別の人もみんな似たようなハウスカスプになるし、まだまだ色々と調べたり研究したりしないといけないようです。
むぅ。

さて来週の運勢です。

全体の星の動き

太陽は双子座を元気に進行中。月は満月を超えて下弦へ。
金星も遅れながら双子座に入ってきました。
水星は逆行から明けました。一方まだ逆行を続ける火星は射手座から蠍座まで戻ります。

で。
いよいよ来ます。
太陽、金星、木星、土星、海王星(+月、ヘッド)によるミュータブル・グランドクロス。
今年の大きなイベントとなる形ですね。

デートしませんか

今週はなかなかに濃い週となるのかなーと思います。
とりあえずは火星が蠍座29度へ入るところから。

蠍座という星は講座でうちのセンセがめっちゃ濃く話していましたが、他人の内面に対して深く掘り下げる星座。
牡牛座が自分の内面から磨いていく、その反対で他人の内面を知ることで自分自身を知る、という感じです。

つまりのところ、そこに火星が来るってのは、他人に興味が向きやすいのですよ。
んで逆行なので、改めて知る、もう一度知る。

初対面の印象はそうでも無かったけど、何かのきっかけで深く話すようになったらこいつめっちゃいいやつじゃん、という感じでしょうか。
向かい側には金星がいるから、異性と深く話してみるのも新たな発見、深いつながりがありそうな印象を受けます。
ってことでデートでもしてみてはいかがでしょうか。
ちなみに当方とお話してみたいという方はお気軽にご連絡くださいませ(爆

好きなことを求めろ

さて、今週というか今年の目玉、ミュータブルグランドクロス。
太陽、木星、土星、海王星が十字に並んでいます。
太陽の隣には金星が、木星の隣にはドラゴンヘッドが、おまけに木星は水星冥王星とグランドトライン、海王星も含めてカイトと呼ばれる形へ。
天王星だけがノーアスペクトでふわっとしてますが、改革大好きな天王星がノーアスペクトってなんだか独裁政権。

さあどう読みましょうか。
他の占い師もどう読むか非常に楽しみなところではあります。
どうしても週間占いの自分なんかは日刊占い組より先行する分プレッシャーが。。。

で。

双子座と射手座はどっちも新たな知識を得ることが楽しみな星座。魚座は際限なく思考を広げられる星座。乙女座だけ現実的な感じがあるけど、この星座他者の無茶振りに強くて自分自身を柔軟に変えられたりすること多い。しかも拡大を表す木星がセット。
ってことで、広げていく、がキーワードなのです。

じゃあ何を広げるか。
まあ普通に太陽金星のある双子座領域ってのがインパクトになりそうです。
臨機応変さとか情報発信ですね。

他の3星座はどれも遅い天体なので、電圧が高いところから低いところへ流れるように、天体のエネルギーも高いところにある魚座海王星→射手座土星→乙女座木星→双子座太陽と流れます。
もう一つディスポジターって流れもありますが、それで見ると魚座で流れが止まってしまうので。

ビジネスマンなら分かる通り上からの要求ってのは無理があったり、突然要求が変わったりしますよね。
そんな感じで突然違うことを思いついたりすることもあるかと。
それをいかに臨機応変に対処できるかがポイントになるのかなーと思いました。

まとめ

今週濃くって、もっと書きたいところはあるんだけど既に2500文字クラス。
とりあえずここに書いたこと以外も色々賑やかになります。
実際にグランドクロスの影響が濃くなるのは6月になってからなのですが、もう予兆は始まりそうなので身構えておきましょう。
臨機応変さを忘れずに。

星座ごとに一言

牡羊座はあっちへこっちへ、色々なところへ出かけて知識を増やしましょう。
牡牛座はボーナスステージのように次々力が湧いてくるかと。
双子座は変に力を入れず、いつもどおりでいたほうが楽かもしれないです。
蟹座はスペースが無いと入ってこない、これ忘れずに。
獅子座は友人が力を授けてくれるような気がします。
乙女座はバタバタしそうですがそのぶん充実感が溢れてきそう。
天秤座は自分の夢とかに対して色々と問われることが多いかと。
蠍座は他人と出かけたりすると学ぶことがあるかも。
射手座は自然と知り合う人が増えてきそうですね。
山羊座は慌てないこと。一つ一つ問題を解決していきましょう。
水瓶座はしっかりと自己主張しないと色々振り回されそう。
魚座は居場所づくり、ってのがキーワードですかね。

来週はそんな感じです。

2016年の運勢

<<先週の運勢    次週の運勢>>

一覧に戻る

鑑定の相談はこちらまで

Share on Facebook
Pocket