ウェルスダイナミクスのプロファイル検査を受けてみた

Author:

先日の春夏秋冬理論勉強会の講師山口さんから、ウェルスダイナミクスってのを教えてもらった。
何か聞いたことはあるけど、やったことはなかったっけ。

どういうものかというと、いわゆる強み発見テスト。
いくつかの質問に応えることで8つに別れたタイプ(プロファイル)に分類し、自分がどういう方へ進めばいいかってのを教えてくれます。

簡易テストではクリエイターっぽいけど、もっとしっかり調べてみたくなってきて。
そんなわけで有料検査を受けてみたのです。

resource
結果はこんな感じ。
メカニックだそうです。

このプロファイルの人たちは、根気があり、何かを作るときには、できるだけ長持ちするように作ります。完璧主義者のため、常に自分のシステムの改善すべき点を探し、製品をさらに洗練させようとします。そのため、業務の効率化に専念することで富を生み出します。

ふーむ。
まあ確かにこのブログのように完成が無く、いつまでも永遠に改善を続けるっていう意味では確かに合ってるかも。
地味に地味にタグ修正したりカテゴリ修正したりしてるしなあ。
まとめ役も得意だし、グロースハッカーってのにすごく興味があるし。
もちろんクリエイター気質も多少はあるのだけど。

それにジョブズよりもザッカーバーグのほうが個人的に好きですし。
いつ今の仕事から離れるかはまだなんとも言えないけど、その時は確実に来るだろうし、
そしたらこういう方向へ進んでみるのがいいのでしょうかね。


他に高い値を示している、第二プロファイルってのを見てみるとロードとクリエイターってのが高いようだ。
クリエイターは理想主義、楽観的、創造力。
ロードは用心深い、きめ細かい、あらゆる状況を分析する。

確かに合ってるといえば合っているし、でもすべてがあっているとは言えないかもしれない。
なんとも言えないっすけど、もうちょっと詳しくここら辺の話を勉強してみてもいいのかもしれないですなあ。

Facebook にシェア
Pocket