ワタミ会長のブラック企業に関する話

Author:

「ブラック企業」と呼ばれることについて
ワタミ会長「ブラック企業」に反論 「不満不平を乗り越えれば夢に近づける」

こんな記事が色々と世間を賑わせているらしい。
なんだか記事を見るだけでも色々突っ込みたくなってしまったのですが。




とりあえず数値うんぬんの妥当性は色々検証しないといけないのでノーコメント。
ただし数値が高ければブラック、数値が低ければブラックというわけでもないんじゃないですかね。

とりあえずブラックと呼ばれるにはそれだけ世間が騒いだ事実があるわけで、
以前も確か過労死認定で騒がせていましたよね。
でも騒ぎが収まらないのは、擁護する人が圧倒的に少ないんじゃないかと。

社長がブラックじゃないというのは当たり前だと思いますが、
社員がどう思っているか、っていう社員側からの意見が聞いてみたいものですね。


んで、最後の一言。
不満や不安を乗り越えた先に夢に近づくって言ってますが、従業員の夢を把握していますか?
相談窓口とか、どうやって不満や不安を乗り越えさせるかちゃんとサポートしていますか?

実際に夢に近づけた人がこれだけいます、とかそういうサポート体制を作っています、とか、
エピソードとかを積極的に発信しないとどうしても説得力が薄いなーと。


別に僕はワタミさんがブラックだと言ってるわけではありません。
ただ、数値を見せてうちはブラックじゃありません、だと一般人を説得させるには弱すぎます。

アピールするならもうちょっとしっかりしてほしいですねえ。

Facebook にシェア
Pocket