他人の時間を無駄にしないこと

Author:

本日、とある人物から本業とは別の作業に関する
打ち合わせに呼ばれていたんだけど。

いやー、時間かかった。疲れた。

打ち合わせ自体はそれこそ10分15分で終わるレベルなのに
無駄話やら脱線やら多くて、結局数時間。
こっちもプッシュすればよかったものの、
紹介されている立場だからなかなかそうも行かず。

人と会うときは、時間ってものをしっかり意識しないと
相手を不快にさせてしまうものです。

まあその人も悪い人じゃないんだけど、
ぜんぜん畑の違う世界に生きている人だから
こうなってしまうのも無理ないのかね。

でも、仕事として誰かを呼ぶときは、
時間には最大限気を使いましょう。
態度とかそういうものも確かに大事なんだけど、
時間を割いてもらっているってのだけは注意しないと
いつしか周りの人は離れていってしまいます。

自分の時間を無駄にするのは自業自得だけど、
他人の時間は無駄にしてはいけません。


ただ、そういう違う世界の人間って、礼儀が無いんじゃなくて
礼儀を知らないんだろうなあ。
こっちの世界の常識があっちの世界の常識とは限らないし。
だから、そういう人が一概に悪いと言う事はできなかったりもする。

でもやっぱり違う世界の人間と関わる際には
そっちの世界の常識を勉強しないと、うまくいかなくなる。
ここらへん難しい。
誰かがさりげなく教えてあげないとダメなのかね。


ただこういう事を経験するようになったのは
だいぶサラリーマン的な生き方からパラレルキャリア的な生き方へシフトが始まってきた証拠でもあり、
独立した人なら一度は経験する事かもしれないし。
ポジティブに考えると色々勉強にはなっているのかもしれないっすね。

今後の働き方を意識すればするほど
こういうパラレルな仕事は増えるのは自明。
そうなるとこういう人と関わる機会は増えそうなんで
気をつけないといけないですな。


本業の後にこういう事するのは、
あくまで自分がやりたいからやっているわけで。
そこであえてストレスを溜めるようなことは極力避けたいものです。

Facebook にシェア
Pocket