やりたい事が見えないのなら、写真素材とか見ていいな、って思うものを探してみよう

Author:

今も昔もかもしれないけど、やりたい事が分からないとか、好きなことが分からないって人が世の中にはたくさんいる。
これって簡単なようで難しい。
ゲームするだけで食えるわけでも無いし、本読んでいるだけで食えるわけでもないから。
これらインプット型の趣味以外にもアウトプット型の好きなことが無いと厳しいですよね。

そんな時どうすればいいか。
意外と写真素材のサイト見れば答えがでるんじゃないかな、という気がした。

なんとも思わない写真も多いだろうけど、時に心をくすぐられる写真があったりするはず。
ああ、こんな人間になれたらいいな、とかこんなところに住みたいな、とか。
その心に惹かれるものが、あなたがなりたい自分なんじゃないの?

当然だけど、心に引っかかるものはあなたの心が反応したから。
なんとも思わない写真に心惹かれるわけ無いですから。
それをキーワードに、自分のプランを考えてみてはどうでしょうかね。

写真じゃなくてもいいかも。
ブログとか読んでいて、何か心にひっかかる文章だとかフレーズだとかあるかもしれない。
それも、自分の心にひっかかる理由がそこにあるはず。


夢をかなえるとか、なりたい自分になるとか、そういうのって結局一番重要なのは常にそれを意識すること。
メラビアンの法則、7:38:55の法則のように、人は視覚情報ってすごく重要なのですね。
だからそういう心に惹かれる写真を常にそばにおいておけば、きっとそういう自分になれる日が近づくのではないかな、という気がしている。

ただ、自分とあまりにもかけ離れた存在を置いておくと逆に自分が駄目だ、って思っちゃう人もいるからそこだけは気をつけましょ。

さあ、あなたはどんな写真に心惹かれるのでしょうかね。
ちなみに僕は比較的学習とかそういう写真に惹かれる。やっぱり学ぶのが好きなのですねえ。

Facebook にシェア
Pocket