ベンチャー企業はそれなりに実力が必要

Author:

最近ウォンテッドリー経由でベンチャー企業の人と会ったりしているのですが、
やっぱりどこも勢いはありますね。
ビジョンもある。

ただどこも言っている事は同じ。
人が欲しい、と。

やっぱりベンチャー企業ってのは知名度が低かったりする。
資金も少ない。
だから少数精鋭になってしまう。
ここがやっぱり大企業との大きな違いでしょうか。

どうしても学生のスキルではベンチャーのような変化の多い場所でやっていくのは
なかなか厳しいし。
もちろん優秀な学生もいるにはいるんだけど。
僕はもうミドルウェアもファームウェアもデーモンもOSもインフラもWebもwindowsもだいたい経験してるから
何でもできるし、少し勉強すればすぐに追いつける自信あるけど学生でそこまでいける人少ないでしょ。


やっぱりある程度は大企業の経験があったほうがいい気がするんだよなあ。
それでもベンチャーへ行くというのなら、周りの人はみんな優秀な人だってのを忘れないこと。
向上心のある人がいっぱいいるから、なんとなくで入ってしまうとついていけなくなるかと。

2016就活はもうちょっと後だけど、やっぱり今のうちからなんとなくは考えておいたほうがいいかと。
また年末あたりから学生時代打ち込んだことのアクセスが増えだすだろうし、早め早めに対策を打ちましょう。


さて、僕自身の今後のビジネスはどう進めて行きましょうかね。
大まかな方向性は決まっているものの、そのビジョンにぴったり来るところが少なかったり。
占いとかブログとかエンジニア以外の要素をどう取り入れるかなんて考えるからなのだけれどw
まあとりあえず進んでみたほうがいいのかもしれない。

Facebook にシェア
Pocket