時間内に終わらせる当たり前ができない世界

Author:

例えば、みなし残業制の会社。
それって、みんな残業するからこそつける制度ですよね。
そういう残業前提で物事を考えて、あれと思わないのはそれはちとまずいのでは。

就職活動で残業についてたずねて、残業当然とか言う会社。
それってまずくない?
自分の会社は時間内に物事を終わらせることができませんと言ってるのだから。

残業したくない、と言われると良い評価を得られない会社。
それっておかしいよね。
残業したいなんて人いちゃまずいでしょ。
残業代のため、とかいう人もいるけど、残業しないでもそれだけ稼げる実力を身につければいい。

なんか色々労働ってのはおかしい印象を受けるのですよね。
一日8時間の労働をするという契約。
んで、それを超過する場合は残業代を出します。
そういう話なのに、残業前提に物事が動いていると。

そう簡単にどうにかできないってのも分かるのです。
クライアントの都合とか、突発的なトラブルとか。
が、それが当たり前になっていてそれに疑問を持たないのが一番まずいのでは、と思うのですよね。

無茶な欲求を出すクライアント。
無理な残業をしてそれを叶えようとする企業。
やりがいとかなんとか言って薄給で仕事するスタートアップ。
どれがいいのでしょうか。
なんかどれもこれもまとめて潰れてしまうのではないか、という気も。

で、世の中には全然働かないでもお金が入ってくる人もいたり。
不労所得ってやつ。
そういう人は素晴らしいけど、それだけで世の中も回らないでしょうし。
何にしろ、自分がいちばん納得した働き方をしたいものですな。

Facebook にシェア
Pocket