うしろめたい気持ちを開放させる、それがうしろめタイム

Author:

ライフハッカーさんでこんな記事が紹介されていました。
週1回の「うしろめタイム」で先延ばしタスクをやっつけろ!
これ面白いですね。

先延ばしにしているタスクを片付けよう

自分のようなプライベートでもタスク管理ツールを使っていると、なかなか終わらないタスクというものが出てきます。
本当はやりたいんだけど、でもなあとか。
心の奥底では拒否しているとか。
そういう先延ばしにしているタスクを片付ける時間、それこそがうしろめタイム。

誰だって、うしろめたくなる時もある

もう一つ、これでいいなあと思うのはみんなで共有するということ。
誰だってそういう後ろめたいものってあるじゃないですか。
だけどなんか表に出しづらい。
他の人には話しにくい。
それもまた後ろめたい気持ちから来るものですが。
だけど、みんなでいっせいのせ、で出すんだったらそこまで苦にはならないですよね。

他の人にパスする

もう一つ、共有することで良いこと。
それなら自分がやるよ、とかタスクの交換ができるということ。
誰かにとって苦であっても、他の誰かにとっては苦じゃないかもしれない。
これもまたみんなで話し合うことで解決できること。

まとめ

これなかなかに興味深いですね。
いつか誰かとやってみたいかも。

もちろんうしろめタイムと言ってるけど、後ろめたくないものをシェアしてもいいし。
週一の定例とかもこういうことを話し合ったほうがいいんだろうなあ。
問題ありません、じゃなくって。問題あるでしょ、本当は。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す