性格診断や強み診断は知るだけじゃ駄目

Author:

世の中には色んな性格診断があります。
占星術や手相を始めとする占いや、
エニアグラムやストレングスファインダーみたいな診断などなど。
どれもこれも、自分の特徴とか特性を知ることができます。

でもこれ、よくいるのが知ってそれで終わりという人。
合ってるとか外れているとか、それで満足してしまう人。
こういう人はそのツールを全然活用しきれてなくてもったいないですねえ。
こういうツールで自分を知って、どう活用するかが一番大事なのです。

僕は良く占星術の未来読みを道路標識みたいと言います。
この先カーブがあるから注意しろとか、
ここから先はスピード出していいとか、そう使います。

出生図読みに関しても、こういう素質があるので
どうすればそれを伸ばせるか、という考え方になります。
ちなみに僕は文章書くのは向いているみたいですね^^
だからブログ続くのかw


ストレングスファインダーなんかも、僕の持つ学習欲や戦略性を
どうすればもっと活かす事ができるか、それを考えます。

どんなツールを使うにしろ、
自分の人生をもっと輝かせる、大きくさせるにはどう使えばいいか、
そこが大事なのですよね。

ブログとかに自分の強みはこれらしいです、
合ってますね、って書くだけの人にならないように。
こういう人多いんですよねえ。
それじゃただの性格診断で、人生は何も変わりません。

強みがそれってことは、そこを伸ばせばさらに輝くことができるんだから
もっとその強みを活かすにはどうするか、って考えないと駄目です。
強みは知るだけじゃ駄目、活かすことが大事。
ここ忘れないように。


占いも、ただ運勢が良いからって浮かれてても
何もしなければ何も起こりません。
あくまで行動する人が活用するためのツールなのです。

何にしろ、知るだけで満足しないようにしましょ。
本とか読めば知ることは誰でもできます。
でも、そこで満足してちゃ何も変わらない。
だからこそ、それを使えるようになればさらに人生を輝かせることができるのです。

Facebook にシェア
Pocket