上がって、下がって、また上がる

Author:
red-arrow

感情ってものは反発します。
恒常性ってのがあるように、一定を保とうとするのですね。
それはゴムのように、伸ばしたら縮む。
縮んだら伸びる。
ってことで、感情が高まれば高まるほど、逆に低くなることもあるのです。
もちろん逆もまた然り。

だから、時にすごく落ち込んだりしても慌てないこと。
その分また上がりますから。
この時、落ちれば落ちるほど、逆に大きく上がるのです。
ブランコと一緒ですな。

そんなわけで感情にムラがあると思う人は、とことん落としたほうが逆に上がりやすくなります。
中途半端にブレーキをかけないのがポイント。
自分も昔はとことんまで落ちること多かったし。
でもそういうときを乗り越えた時、すごく上がることも珍しくない。
一つ壁を乗り越えた感じ。

逆に、何かセミナーとか読書とかで感情が高揚したときは注意。
一気に急降下する可能性がありますから。
そういう時にまた急上昇できればいいのですが、また今までと同じ状態に戻らないように注意しましょうね。
バネにしろゴムにしろ、いつかは元の場所に戻ってしまうのですから。
こういう人って非常に多いし自分もよく見かけるので、注意が必要ですね。
平均的なレベル、もしくは最高点を上げるってのを忘れないように。

Share on Facebook
Pocket