「undrawable」というイベントに行ってきた

Author:
undrawable

自分という人間は多趣味とかフットワークが軽いとか言われがちである。
そのため、疎遠になる人もまあそれなりに出てきたりする。
別に嫌いで別れたわけでもないのですけどね。

そんな人達とまた久しぶりに会う機会ができたので、せっかくだから行ってきました。

この「undrawable」というイベント、自主制作映画を作っているTickTackMovieの堤監督とhommageとかいう馬鹿な動画出しているかわかみあやこ嬢が作り出した短編集の上映会という感じで、テーマとなっている浦島太郎の竜宮城のような感じをテーマにしたとか。
その他近しい人の展示とかも一緒にやっていました。

しかしこの日、お久しぶりですという言葉を何度言ったことか。
2015のこの界隈とはマナジーPとマナジンギの話したり、個人でも色々と生活が変わったのもあってほとんど会わなかったし。
2013~2014年以来に会う人ってのが非常に多かったのです。

みんな外見は少しずつ変わって、やってることも少しずつ変わってきているけど、元気にやっていて良かったです。
こういう同窓会的なイベントは定期的にやってもいいのかもしれないですねえ。

映像の内容としてはやっぱり監督らしいなあと。
プロのドラマのような派手さはないものの、テーマとしては面白いですね。
自分もこの浦島太郎というテーマで一本ライトノベルでも書いてみよっかな。

自分も多少ならPremiereとか使えるから映像作品とか作ろうと思えば作れるけど、さすがに仕事じゃないのにそこまでやろうなんて思えないですなあ。
そういう意味でもすごい人だと改めて思いました。

ネット上の有名な人達とくらべたら全然小さな世界だけど、そんな中でも輝いているのをみて自分も頑張らねば、と改めて思いました。
ありがとうございました!

Share on Facebook
Pocket