Twitterボタンの変更に対応する速度でサイトの価値を考える

Author:
blue-bird-1386626105L9X

先日Twitterボタンのデザインが変わりましたよね。
それに伴い、ツイート数が表示されなくなりました。
結果デザインの修正が入るサイトもあったりするのですが、まだまだ対応できていないサイトも多い感じ。
さていつ対応するのでしょうか。

やっぱり対応が早いサイトってのはそれだけサイトに対してエネルギーを注いでいる証拠ですよね。
でもおそらく、一年経ってもデザインが崩れているサイトはきっと存在しそう。
そういうサイトはきっと管理人や企業がエネルギーを注いでいないのかな、と想像してしまうのですよね。

別にボタンのデザインが崩れようとテキストが見れれば問題ないのではあるけど、その人の性格とかがでそうですな。
細かいところまで気が利く、気を効かせた性格なのかそれとも面倒だから放置してしまっているのか。

いずれにしてもTwitterのボタン一つでそのサイトの印象が決まってしまう、というわけだ。

Twitterのボタンは人によってそれぞれ設置方法が違いますよね。
プラグインとかを入れている人もいるだろうし、実際にコードを書いている人もいるでしょう。
当然だけど自分で書いている人は自分で対応しないといけないし、プラグイン書いている人はアップデートを待たないといけない。
プラグインがアップデートされないからデザインがおかしい、なんて人はもっと対応早いプラグインを探すってのも一つの方法かもね。

無料ブログが対応してくれないというのならその程度のサービス、というわけだ。

というわけで、自分のブログのTwitterボタンのデザインが崩れていないか再度確認してみましょ。

Share on Facebook
Pocket