東京都内の駅で迷わないポイント

Author:
questions-1

地方から来た人は東京の鉄道に迷うことが多いです。
まあダンジョンと言われるくらいだから仕方ないのですが。
だけど、ほとんどの駅で使える基本法則がありまして。
それをまとめましょう。

階段を登らない

渋谷駅の山手線からJRの階段を登ると横須賀線・湘南新宿ライン方面へ進みますが、そっちは渋谷の中心からかけ離れた方向。
ヒカリエもセンター街も逆方向です。
新宿駅の山手線を登ると南口。高島屋タイムズスクエアとかある方角ですね。
これもまた都庁とか歌舞伎町とかとはまったくあさっての方向です。代々木についちゃいます。
池袋駅の山手線は・・・上りなんてあったっけ?メトロポリタン口か。
これもサンシャインとか行く場合はだいぶ方向が違います。
でかい駅だとだいたいこんな感じなんですよね。
品川とか秋葉原とか、登るしか無い駅も多いけど。

近くの出口はどこか

とりあえず改札を出た後どっちへ進めばいいか。
池袋とか新宿は北口、西口とか書いてあるから行く場所の地図があれば、どっちへ行けばいいか分かりやすいですね。
新宿の南は新南口、東南口とかいろいろあるけど。
しかし渋谷のハチ公口とか東京の八重洲口、秋葉原の電気街口なんかはどこに出るのだ、と分かりづらい。
ってことで目的地の近くには何口と呼ばれる出口があるのかを確認しましょう。

地上に出たほうが分かりやすい場合も

個人的に地上のほうが分かりやすい駅は多い。
地上に出て道路標識みてどっちが渋谷、どっちが池袋とか確認したほうが分かりやすいし。
目印が多いから地図開いた時にすぐ気づけるのですよ。
新宿なんかは地下通って三丁目から都庁のほうまでつながってるし、東京なんかは大手町まで行ける。
が、どっちも分かりづらい。地上から行ったほうが分かりやすいです。

まとめ

まあ東京はほんと慣れなんですけど、たまにしか行かないと非常にややこしいのでしっかり地図は確認しましょうね。
自分もまれに迷子になりますので。

Share on Facebook
Pocket