音楽性の違いならぬソフトウェア性の違い

Author:

バンドとかで音楽性の違い、とかってあるじゃないですか。
本当の理由は別にあるかもしれないけど、作りたい音楽じゃないとか好みが変わったとか。
それと同じように、ソフトウェア性の違いのようなものもあるのかなあと。

例えばCakeとかrailsみたいにレールに乗ってなんぼ、設定より規約とかそういう世界と、
Laravelとかsynfonyみたいに自由に拡張していく世界ってありますよね。

他にもコードの書き方とか開発駆動とか、開発のやり方ってのは会社によって違う。
だからこそ、合うもの合わないものも出てくる。
そういうのがソフトウェア性の違いと言うのではないでしょうかね。

あんまり転職理由でそういうのって聞いたこと無いけど、そういうエンジニアも時にはいるのかなあと。
自分のやり方こそが最高のメソッドだ、とかTDD以外は認めない、とか。
なかなか社内でうまくやりづらそうではあるけど、だからこそそういうのが生まれてもおかしくない。

自分なんかはけっこう郷に従う人間ではあるものの、そういう開発良くないとかそう思うこと多々あるし。
もしかしたら知らないうちに広がっているのかもしれないですな。

「転職理由をお聞かせください」
「ソフトウェア性の違いです」

はぁ?と言われそうではありますなw

Facebook にシェア
Pocket