がんばらなくていい本当の理由

Author:

最近になってやっと分かったこと。
自分のようなブログを書き続けてきた人間は、どうしてもブログ更新をがんばる方法とかテクニックなんかに違和感を覚えるのですよ。
自分、そんながんばってきたか?と。
最近は意図的に週3~4回に減らしているものの、書こうと思えば毎日書くのは余裕です。
3年間毎日書いてきてたし。

その違いは、やれる範囲でやってきたと思っていたのですが。
必要以上にがんばらないことにしていたから。
どうもそれだけじゃない気がしてきたのですね。

人間の意識ってのはジークムント・フロイトってじいさんが言ったように、顕在意識と潜在意識ってのがあります。
で、この潜在意識ってやつは表に出てこないくせに意識の90%を占めているのです。
だから、こいつが一度何かを望んでしまうと無意識のうちに色々な行動を起こしてしまうのです。

つまり、ブログでああしたい、こうしたいって思いが顕在意識にしかないと簡単に諦めて辞めてしまう。
努力が、がんばることが苦痛になってしまう。
実際ブログのような年単位でやるような作業をポジティブ精神とかで引っ張るのはつらいですし。

しかーし、潜在意識レベルでブログを使ってああしたい、こうしたいという欲求が出てしまうとあら不思議。
更新することが全然苦にならず、どんどん挑戦を続けていってしまうのです。
がんばる必要なんて無いのですよ。無意識のうちに勝手にやっていることなので。

だからこそ。
ブログが続かないという人は、ブログを書きたいという欲求がどこから来たものなのかはっきりさせる必要があります。
何かになりたい、とか儲けたい、とかだと続きにくいのですよね。
代替手段が豊富にありますから。

逆にブログを続けられている人ってのは、潜在意識レベルでその恩恵を受けているのかと。
無意識レベルでブログにフォーカスが当たっているから、なんだかんだ言って続けてきているのかもしれないですね。

Share on Facebook
Pocket