【連載】Trelloを使いこなそう・用語とか

Author:

この連載は僕の愛用のツール、Trelloを使いこなそうという連載です。
まずはTrelloを使ってみるところから。

会員登録・個人設定

メールアドレスがあれば登録可能。
Googleのアカウントがあればそちらから登録できます。
全然大変ではありません。

登録したらまずはプロフィールを見てみましょう。
プロフィール設定は対して多くないけど、ユーザー名くらいは設定しておきましょう。
組織とかチームでやる時にTwitterみたいなメンションが使えるので。

各種名称

そこまで難しいものではないですが。
まずいちばん大きな単位、一枚のページをboard(ボード)と呼びます。
ボードの中には複数のツリーを設定することができ、このツリーをlist(リスト)と呼びます。
んでそのリストの中に設定する個々の付箋をcard(カード)と呼びます。
カードには色のついたタグを設定でき、これをLabel(ラベル)と呼びます。
ボードはグループ間で共有ができ、そのグループをOrganization(オーガナイゼーション)と呼びます。
用語

各種メニュー

左側のBoardsと右側のShow Menu、右上の個人メニューがあり、右側のMenuにはさらにプルダウンのボード設定があります。
上部のTrelloアイコンをクリックするとボード一覧に遷移します。

左メニュー

左側のBoardsからはボードの新規作成、およびお気に入りボード、最近開いたボード、ボード一覧が見れます。
●がついているのは他人が更新したボードね。
左メニュー

右メニュー

右メニュー
右側はアクティビティ、他人を招待ボタンなどが表示されます。
Menu内にはこのボードに対する設定が表示されます。

Power Up:ボードにカレンダーや投票機能を設定します。
Labels:ラベルの設定をします。
Stickers:カードにステッカーを貼り付けます。
Fileter Cards:ラベルなどでカードのフィルタリングを行います。
Archived Items:アーカイブしたカードが見れます。
Change Background:背景色を変えます。
Email-to-board-settings:メールでカードを追加させる際のアドレスが見れます。
Subscribe:ONにすると通知が飛ぶようになります。
Additional Setings:パーミッションの設定などができます。

ToDoもプロジェクト管理もアイデアまとめもなんでも来いな万能ソフト「Trello」に惚れた
【連載】Trelloを使いこなそう・カードの追加

Trelloの新規ユーザー登録はこちらから

Share on Facebook
Pocket