LaravelのRequestクラスをまとめていこう

Author:

LaravelのRequestクラスをまとめていきましょう。
ちょっと量が多いので少しずつまとめていきますね。

URLを表示する

$request->url()で取得できます。
$request->fullUrl()とするとクエリ付きで取得することができます。

パスを表示する

$request->path()で取得できます。
$request->decodePath()とするとrawurldecodeをつけて取得することができます。

URLパターンを判定

$request->is()はURLの正規表現をします。
$request->is(‘test/*’)といった具合に。

ajaxかどうか判定

$request->ajax()とするとxmlhttprequestかどうかの判定ができます。
$request->pjax()とするとヘッダーにX-PJAXが入っているかどうかの判定をします。

httpsかどうか判定

$request->secure()でhttpsかどうかの判定ができます。

Laravelの使い方とかのまとめ

Share on Facebook
Pocket