括弧の自動補完の設定箇所(Eclipse、Aptana、VisualStudio、Vimなど)

Author:

エディタによっては括弧とかダブルクォーテーションとかを自動補完してくれる機能がついていますよね。
便利ではあるのだけど、中を先に書いて外側を括弧やクォーテーションでくくる場合、
括弧がじゃまになる。

例えばecho a, b, cとか書いてaをxxx(a)という関数の戻り値にしたい場合、
開き括弧を入力した時点でecho xxx(arg)a, b, cとなったりしてうざったい。
なので設定箇所をメモっておく。

Eclipse(日本語の場合)の場合

ウィンドウ→設定を開き、Java→エディター→入力の自動的に閉じるを外す。
日本語化していない場合も同じ場所にあるはず。
eclipse

Aptana Studioの場合

Window→Preferenceを開き、Aptana studio→EditorのAuto-close matching character pairsを外す。
aptana

Visual Studioの場合

2013ならできるのだけど手持ちにあるのが2010 Expressのみ。
そのうち入れたら試します。

Vimの場合

inoremapとかvimrcに書けば同様なことができます。

Share on Facebook
Pocket