ものづくりはターゲットのスペックを考えて

Author:
windows

予約はしているものの、windows10のダウンロードはまだ来ていないようです。
Macのほうが優れているとかなんだかんだ言われているけど、windowsのシェアのほうがMacよりも絶対数が多いので、windowsのほうが注目されるのは当然ですな。
だからこそ気をつけないといけないのは、Macを標準に置かないことです。

確かにMacのほうがグラフィックの性能はいいです。
Retina Displayは非常に綺麗です。
が、一般人のwindowsはそんなに綺麗じゃないので、Webとかグラフィック関連は非常に差が出る。
Macでちゃんと見えるからと言ってwindowsでちゃんと見えるとは限らないのです。

ってことで、Macだけを使うのは非場にリスキーだったりする。
Mac最高、と思うのはいいのだけれど、世の中の半数以上の人はwindowsを使っているということを忘れないようにしましょ。
どんなに美しいものを作っても、ターゲットのデバイスが古くさいとその性能は発揮できませんから。

だからゲームとかもターゲットのスペックを考えないといけない。
初期のFF11とかシムシティ4とか、オーバースペック気味だった気がする。
テキストとかならともかく、ターゲット層のデバイスやスペックをよーく考えてものづくりしましょ。

とは言ってもInternet Explorer8の対応するかどうかは悩ましいところですがね:-)

Share on Facebook
Pocket