他人に見られること

Author:

SNSに投稿すると周りから遊んでるねーとか言われるのが嫌とかいうコメントを見かけた。
自分は別に何と言われようと自分の好きな事書けばいいじゃんと思ったのだが、
常に見られてるものだから見てる人が気持ちいいような投稿もしようとかいう意見もあって。

なるほどね、と。確かに一理あるかも。
まあそれがネガティブな投稿なら確かに辞めたほうがいいとは言うけど、
楽しい投稿なら全然いくら投稿してもいいんじゃないかな。

それで妬んでくる奴なんてのは結局自分とは合わない人間なんだ、と思っちゃったほうがいい気がする。
自分のレベルに合わない人の事は放っておいて自分に合う人と交流しましょ、って感じですかね。

成長を実感する指標

Author:

うちらプログラマーとかイラストレーターとか、仕事にしろ趣味にしろものづくりをしてる人ってのは
これだけできるようになったとか、今までより早く作れるようになったとか、具体的に定量的に成長を表すことができるんだけど、
そういう職業じゃない人ってどうやって自分の成長を実感できるのかな。

個人的には色々実感してるのかもしれないけど、経歴書とかに書いてみると結局書けないんじゃないかなという気がする。
何年何月に○○作成、とかいうネタがないもんね。
そういう人って経歴をまとめろ、とか言われたらどうするのかなーとふと思った。

やっぱり人間創作活動をしたほうがいいのですかね。

関連記事

人間が成長するには

マイルール

Author:

安藤美冬さんの本にマイルールってのが書いてあるのですが、
みなさんのマイルールは何ですか?
という質問がちゅうもえサロンで投稿されて、みんなそれぞれのマイルールを出しあったところ
みんな色々なルール作ってるんですねえ。

てかルールとかいうと束縛感が出てくるし、結構無意識にやってて自分じゃルールと思ってなかったりもするし、何気に難しい。

とりあえず自分が意識してるのはSNSでネガティブなこと、悪口を言わない、くらいかな?

追記。
見てないようで見られているのを忘れない。
フォロー数、フォロワー数にこだわらない。
駆け込み乗車はしない。

これ随時増えたり減ったりするし、頻繁に見返したいから固定ページにうつしたほうがいいかもね。
座右の銘とかそういうのと合わせて。

追記。固定ページに移しました。
随時更新していきます。
マイルール

関連記事

安藤美冬さんの『冒険に出よう』を読んでみた
人の悪口で検索する人

仕様変更

Author:

今現在現場でcakePHPを使ってるのですが、
突然それをやめて全部静的htmlにするという話が出てきまして。
まさに(゜ロ゜)って感じ。

さすがにそれはないでしょw
まあ確かに20ページ程度だし、使うメリットあまりないけど。

あまりに大胆すぎる話でビックリの月曜日でした。

(追記)
あまりに短すぎるので追記。
お客さんってこういう事多いですよねえ。
なんというか、無駄金を使っているとしか。

やっぱり辞めた、が悪いわけじゃないんだけど色々な人を巻き込んでる、ってのを忘れないようにしましょう。
理由が伴っていないと誰も納得しませんよ。

バレンタイン

Author:

バレンタインとかいうイベントだったらしいですね。

去年も今年も、バレンタイン当日は特に何も無いのですが
去年も今年もその手前に大きなイベントが。

去年は愛のチョコレート大作戦、今年はちゅうもえサロンオフ会。
去年は江幡さんの手作りチョコ、今年はピエール・ルドンのチョコレート。

そして去年はその時に知り合った川上絢子ちゃんや中村まいちゃんなどと大きな発展。
今年も色んな人と会ったのでどうなるのでしょうか。楽しみですね。

Amebloとこっち

Author:

Ameblo側はSNSのようなものだから横の繋がりが大きいけど、
こっちは当然ながらそういうものが一切無し。
しかしこっちは広告もないし、利用規約とかも無いから好き勝手にできる。

結局のところAmebaやってる人多いから、どうしてもあっちは切り捨てることできないんですよねー。
ペタ返しとかで訪問してくる方はAmebaを見るから、あっちも更新したくなるけど
じゃあこっちはどうするか、と。
メインのこっちを放置するわけにもいかん。

とりあえずは転載することにしたのですが、もっといい方法ないかな。

男と女のSNS

Author:

ここのところちゅうもえサロンへの女性陣の投稿が半端ない。
コメントした投稿に他の人が投稿すると通知が来るようにしているのだが、一日軽く50件はメールが飛んでくる。
女性ってすごい軽く、そして何度も書き込みするんですよねえ。
男性には理解できない。

まあSNS用のアドレスは携帯に通知は来るけどバイブも音も鳴らないので別にいいのですが、
この勢いどこまで続くのやら。永遠かねえ。

やりたい事とやるべき事と

Author:

中山孟さんのブログでやりたい事とやるべき事と書いてた。
そうなんですよねぇ。やりたい事はたくさんあるけど、やるべき事もやらなきゃいけないし。

やりたい事は
ゲーム作り
ピアノ

アクション
IT勉強
などなどあるけど、時間の制約もあるし。
ゲーム作るのもピアノ一曲マスターするのも数十時間~百時間は平気でかかってしまうから。

そこら辺は捨てる勇気も必要になるんですよね。
何か一つを極めるために、他を捨てるのは決して悪いことじゃないですし。

自分にとってはその他大勢でも本人にとってはそれが大きな意味

Author:

先日代官山LOOPで知り合ったAriacraftのライブに来週末行くのですが、
自分にとっては数あるアーティストの中の一人で、別にそこまで特別な思いはないけど
彼女にとってはすごい大きな意味があるんですねえ。

何気にニコニコ動画にアップされている動画も、
視聴者にとってはその他大勢だけど、投稿者にとってはとっても大きな一歩。
だから、それを忘れないようにしたいものです。