仕事が出来る人の共通点

Author:

自分なりにいろいろな人を見て、この人はできる、この人はできないなというのがなんとなく見えてきたのでまとめてみました。

1.話が簡潔
仕事が出来る人って話がだらだらしなくて、本当に要点だけを伝えるのがうまいなーと思います。逆に仕事ができない人ってのは話が長くて何が言いたいのかが分からないです。

2.作業が早い
仕事の準備も早いし、帰り支度も早い。仕事ができない人ってのはなかなか準備ができなくてみんなを待たせることが非常に多いなって思います。

3.向上心が高い
出来る人は常に上を目指して、自然に優秀な人、有名な人との交流が増えていきます。できない人って週末とか余暇に勉強したり、自分を向上させようとせずにずっと遊び呆けていたりします。

4.汎用性が無い
上記とも繋がりますが、出来る人はやったこと無い仕事でもすぐにポイントを飲み込めます。できない人は過去に仕事でやった知識しか身につけず、仕事で経験したことがないと非常に時間を要してしまいます。

5.思考力が高い
出来る人って色々な角度から物事を考えたりする力がありますね。できない人は一辺倒な考え方しかできず、ひとつのやり方で行き詰まるとそこで終了してしまいます。

6.群れない
仕事が出来る人ってけっこう個人行動が多い気がします。仕事ができない人って集団行動を好む気がします。

こんなところでしょうかねえ。
まだまだ見えてきそうな気もしますが、最近こういう事をよく感じたりします。

関連記事

ソフトウェア開発のスピードを上げる

ファシリテーター

Author:

以前からちょっと単語は耳にしていたファシリテーター(facilitator)っていう役割について
最近すごく興味が出てきた。

日本語に訳すと促進する人、になるのかな。
会議の仲介役となって問題解決を図ったり、話を広げたり、人と人をつなぐ仕事をする人なんですが、
こういう技術磨きたいんですよねえ。
もともと人の意見を聞き出したり人の心を読むのは好きだし。
ぱっと見た感じ色々な本も出ているみたいだし、一度しっかり勉強してみるのもわるくないのかも。

ぐいぐい物事を引っ張る力ってのももちろん重要なのでしょうけど、
きっとこういう力を身につけておくのは貴重な気がしてる。
それはリーダーシップとは違う自分らしい武器になる。

ちょっと本屋行って色々と探してみたいなあ。

本の感想

Author:

はあちゅうさんとこの社長、経沢さんが本の感想書いてくれると嬉しいとかツイートしてた。
そういや最近書いてないなーと思って書こうとしたが、もう一度細かいところ読み返す時間が取れなかったorz
明日こそ書くぞ。

てか他の本も色々感想とか書いていきたいな。
それが元で著者と交流できる可能性もあるしねえ。
本の感想ありがとうございました!とか、この意見についてちょっと色々お話聞きたい、とか、
いきなりそんなメールが飛んできたりとかね。
まあ無いとは思うけど、心の片隅にでも「本の感想書いてくれた人」ってのが
残っててくれればすごく嬉しいし。

まあ「本の感想書いたので見てください」ってのが一番ストレートではあるのですがねえ。
それはさすがにできる勇気がないw
でも本当に勇気のある人はやっちゃうんだろうなー。

関連記事

久瑠あさ美さんの『このまま何もしないでいればあなたは一年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』を読んでみた
松田隆太さんの『天職に出会う50の法則』を読んでみた
経沢香保子さんの「自分らしく人生を創るために大切なこと」を読んでみた

Google帝国

Author:

googleさんがEvernoteみたいなサービス出したとか、最初は全然気にしてなかったのですが。
なんかgoogleさんってWebの世界を征服しようとしてないか?って気がしてきた。
結局ほとんどの人が検索エンジンとしてgoogleを使用している以上、
我らはgoogleに尻尾を振って生きる必要がある。

間違ってもgoogleと喧嘩したりせず、うまくgoogleに取り入ることがアクセスアップ、
いわゆるSEOとかSEMにつながるのかなーと。
だからもっとgoogle+は活用したほうがいいんだよね。特に企業さんは。

しかしこれでいいのかなぁ。googleの勢力あまりに強すぎる。
まさにgoogle帝国というべきか。
これに対抗するレジスタンスは現れるのか。それとも過去の人類の歴史のように盛者必衰となるのでしょうか。

とりあえず今はgoogleに媚を売るべきですね。

アクセス不可

Author:

朝っぱらにcandycaneをインストールするべく色々やっててDBのパスワードとか変えちゃってたから
10時間くらいアクセスできなかったかな?
本番環境でガチャガチャやったら駄目ですねえ。

しかしやっぱりレンタルサーバーってのはアクセス制限とかの問題もあって、
結局でかいphpプログラムとか動かせないことも多いですね。
VMwareに立てた仮サーバーだと動いていても。

となると専用サーバーのレンタル?
さすがにお金もかかるし、そこまでするまでもないか。
しかしDBもサーバー容量も余ってるこのサーバー、何かうまく活用したいものです。

運命の鎖

Author:

なんというか、最近起こるすべてのことがつながっているような気がしてきた。
運命の鎖とでも言うのだろうか。
えええ~としか言いようのない感じ。

ある意味本当に面白い。
運命なのか偶然なのか、潜在意識が引き起こしたシンクロニシティとでも言うのだろうか。
たまたま選んだ道がたまたま呼んできた偶然、
それが目指している方向にたまたまつながっていたと判明するというわけわからない現象。

本当にどこかで覚えたこの言葉、当てはまるのかもね。
「人生に無駄なことは何一つ無い」

他人に見られること

Author:

SNSに投稿すると周りから遊んでるねーとか言われるのが嫌とかいうコメントを見かけた。
自分は別に何と言われようと自分の好きな事書けばいいじゃんと思ったのだが、
常に見られてるものだから見てる人が気持ちいいような投稿もしようとかいう意見もあって。

なるほどね、と。確かに一理あるかも。
まあそれがネガティブな投稿なら確かに辞めたほうがいいとは言うけど、
楽しい投稿なら全然いくら投稿してもいいんじゃないかな。

それで妬んでくる奴なんてのは結局自分とは合わない人間なんだ、と思っちゃったほうがいい気がする。
自分のレベルに合わない人の事は放っておいて自分に合う人と交流しましょ、って感じですかね。

成長を実感する指標

Author:

うちらプログラマーとかイラストレーターとか、仕事にしろ趣味にしろものづくりをしてる人ってのは
これだけできるようになったとか、今までより早く作れるようになったとか、具体的に定量的に成長を表すことができるんだけど、
そういう職業じゃない人ってどうやって自分の成長を実感できるのかな。

個人的には色々実感してるのかもしれないけど、経歴書とかに書いてみると結局書けないんじゃないかなという気がする。
何年何月に○○作成、とかいうネタがないもんね。
そういう人って経歴をまとめろ、とか言われたらどうするのかなーとふと思った。

やっぱり人間創作活動をしたほうがいいのですかね。

関連記事

人間が成長するには