マネジメントできる人がいない、それは負債の結果

Author:

よく色々な会社でマネジメントできる人がいない、とかいう話を聞く。
が、エンジニアはたくさんいると。
つまり、エンジニア陣をマネジメントできるように育ててこなかったわけだ。
それってその企業が育てるのサボっただけじゃないの?と。

Continue reading…

「でもなぁ」というブレーキと戦うコツ

Author:

色々とやってみたいことが思い浮かぶ事もあるのですが。
その時にすぐ出てくる言葉があります。

「でもなぁ」

こいつがなかなかの曲者でして、すぐやる気にブレーキをかけてしまうのですよ。
が、こいつをどうにかする方法もやっぱりあるのです。

Continue reading…

今できるスキルでやればいい

Author:

スキルってのはすぐに身につくわけじゃなくて、方法も多種多様に渡ります。
例えばAを実現するためにXという方法を使うと。
しかし実はYというもっと便利な方法がある。
なんだけど、レベルが低いとYって方法が使えなかったりするのです。

Continue reading…

あれ、と思った違和感

Author:

どうも自分は直感が鋭いのか。
セミナーとか人と会った時、あれ、と思うことがある。
すごい人、と聞いていたけど実際こんなもんか、とか思ったり。
なんか無理しているような、と感じたり。
そういう直感って意外と正しかったりするんですよ。

Continue reading…

ソースコードの健康診断をしましょう

Author:

ソフトウェアの世界において、ソースコードってのは劣化するものです。
機能の追加改修、バージョンアップなどによって。
技術負債とかそんなことで呼ばれることも多い。

なんだけど、それはもう仕方ないというか。
開発者以外はそんなの見えていないから、どんどん機能の追加欲求は来る。
納期の都合や影響範囲の都合上、仕方なくあまり綺麗じゃない書き方になる。

じゃあどうすればいいか。
新規開発チームとメンテナンスチームに分けるか、定期的にリファクタリング期を設けるしか無いと思うのですよね。

Continue reading…

qiitaに書くか、個人ブログに書くか

Author:

IT関連のノウハウとか情報とかをqiitaとかgistに載せる人って多いですよね。
が、自分はエンジニアとして長年やってますが、qiitaに書くことは今後もまず無いだろうな、と。
書くならブログだし。
その理由としていくつか思い浮かぶことを書いておこうかな、と。

Continue reading…