【IT支援部】windows8の基本操作

Author:

まず、Microsoftのアカウントでサインインが必須となります。
後でログイン名は変えられるけど、それでもユーザーアカウントとしてはC:\User\○○(名前)になるっぽい。
ここで日本語うつと海外ソフト使う人とかコマンドプロンプト多用する人にとって大変なことになるので気をつけてください。

Continue reading…

【IT支援部】windows8に.netFramework3.5をインストールする

Author:

どうもwindows8ではデフォルトで.net framework3.5が使えないようである。
そんなわけでコントロールパネルから設定してみる。
ちなみにコントロールパネルの探し方はこちら。
windows8のコントロールパネルのありか

Continue reading…

windows8ドライバ

Author:

ぐはぁ、プリンタドライバがwin8に対応していないではないか。
来年1月にドライバ公開らしいので、それまでは併用して使いましょう。
面倒くさい。

ま、こういう事を想定して新規インストールしたわけだし、別にいいのですが。
やっぱり最新のOSは色々怖いですね。

windows8インストールしてみた

Author:

windows8を購入してインストールしてみた。
とりあえずwin8/IE10から書いてみる。

ぱっと思ったところはログインがMicrosoftアカウントなのね。
ローカルアカウントに切り替えたほうが今までっぽくていいか。
なんか色々思いついたら追記しよう。
個別ページ作ったほうがいいかも。

Android開発環境インストール

Author:

Eclipse 4.2 Junoでインストールする時のメモ。
JDK、Android SDK、ADT(Eclipseプラグイン)が必要。

JDK、Eclipseが入ってる場合
http://developer.android.com/index.htmlから
Develop→Tool→Download→SDK Tool Onlyをダウンロード。

JDKだけ入ってる場合
ADT Bundle版をダウンロード。

どっちも入ってない場合
PleiadesのJava Full Editionをインストール後Android SDK Tool Onlyをダウンロードか
ADT Bundle版をダウンロード後Eclipseをインストール。

Android SDK Managerから必要なバージョンをインストールしておく。
とりあえず3.X系入れておけばいいと思う。4.X系はまだ入ってないマシンも多いし。

全部インストールが終わったらメニューのヘルプから新規ソフトウェアのインストールを選択。
URLにhttp://dl.google.com/eclipse/plugin/4.2を入れ、ファイルのインストール後再起動。
再起動後Android SDKのパスを入れる。

AVD Managerから必要なAVDを設定すれば完了。
なんだけどなぜかEclipseからAVD Managerが出ない(・・?
おかしいなぁ。

11/25追記
Eclipse メニューの「ウィンドウ」→「パースペクティブのカスタマイズ」を開く。
「コマンド・グループの可用性」タブで 「Android SDK および AVD マネージャー」のチェックを入れればEclipseからAVDマネージャーが起動可能になる。

【IT支援部】ファイアバードサーバーにMediaWikiをインストールする

Author:

最初は手強いかな、と思ったけどそこまで難しくはなかったです。

  1. ダウンロードする
  2. サーバーにアップロードする
  3. wp-config/index.phpにアクセスする
  4. 後は必要事項を入れていくだけですが、MySQLのデータベース名とユーザー名はファイアバードのデータベース設定から自分で入れること。MediaWiki側ではやりません。またホスト名は下に記載されているmysqlXXX.firebird.netowl.jpのほうです。
  5. 最後にダウンロードされるLocalSettings.phpをインストールしたディレクトリにアップロードすれば終了。