日本独立作家同盟のセミナー「日本の作家よ、世界に羽ばたけ!」に行ってきました

Author:

邪悪な魔法使いにおっさんの姿に変えられてしまった美少女、鷹野凌さんが代表を勤めるNPO法人こと日本独立作家同盟のセミナーに参加してまいりました。
これで3連続の参加ですな。

Continue reading…

日本独立作家同盟のセミナー「文章生活20年。現役ライターが初めて教える文章のコツ講座」に行ってきました

Author:

先日ようやくNPO法人の登記が完了したらしい日本独立作家同盟さんのセミナーが今月も開催されるので、参加してきました。
今回のセミナー内容は『古田靖氏「文章生活20年。現役ライターが初めて教える文章のコツ講座」』。

ライター向けのセミナーなので僕ら作家活動をしている人間にはちょっと違う内容かな、と思いきや学ぶことも多かったですね。

Continue reading…

あなたの商品の価格をいくらにするべきか

Author:

先日Twitterで電子書籍の価格をいくらにするかという議論を見かけた。
確かにこれ難しいのですよねえ。
正解がないから。

普通の本と同じように1000円以上にするか、それとも300円とかにするか。
自分自身が出版社でもあるので利益とか売上とか色々考えることが出てくる。

Continue reading…

ブログと電子書籍は同じ軸にある気がしてきた

Author:

最近すごく思うのです。
ブログと電子書籍ってなんか似ている、と。

とうか、少なくともこの二つは同一線上にあるな、という気がしてきた。
ブログの延長線上が電子書籍でもあり、電子書籍の延長線上がブログでもあり、どちらが優位とは言えないですけど。

Continue reading…

日本独立作家同盟主催セミナー「電子時代、独立作家の執筆・出版手法」に行ってきました

Author:

去年お世話になり、NPO法人となった日本独立作家同盟さんの第一回セミナーに行って参りました。
Kindleストアの「ベスト・オブ・2012 小説・文芸部門」で一位を獲得した作家、藤井太洋さんがお話をされるそうです。

Amazon.co.jp: 藤井 太洋:作品一覧、著者略歴

最近独立作家、というか電子書籍出版が個人的に熱くなっているので、かなり楽しみでした。
そして、期待を裏切らない良い話が聞けました。

Continue reading…

過去の電子書籍をGoogleさんのところで委託販売しました

Author:

最近は電子書籍が個人的に熱くなっていたり。
ってことで前々からやろうかな、と思っていたのですが、ようやくやりました。

何をやったかというと、過去に出した電子書籍3冊をGoogleさんところに委託しまして、Google PlayおよびGoogleブックスでも購入できるようになりました。
なお、月刊群雛は既に独立作家同盟さんのほうからBCCKS経由でGoogleさんに委託されています。

Continue reading…

電子書籍執筆をリビジョン管理する3つのメリット

Author:

最近また電子書籍を書いていて。
もう書くべきところはほぼ書き終わったので、そろそろ編集に移ろうかな、と思っているのですが。
今回途中から執筆をGitで管理し始めまして。
これいいんじゃないの?と思っている。

Continue reading…