タブレットはノートPCの代替品

Author:

検索キーワードを見てたらタブレットのメリットを調べてる人がいるみたい。
確かに人気ではあるものの、使い道に迷う製品でもある。
ってことでNexus7に惚れて愛用している僕がタブレットのメリットを考えてみましょう。

ぶっちゃけ、タブレットでできる事はスマホと全く変わりません。
むしろ電話ができない分スマホより劣るかも。
なので、無くても正直困らないです。
普段も忘れたら忘れたでまあいいか、って思うくらい。


ただ、ノートPC持ち歩くような人ならタブレット使ったほうがいいかなあ。

スマホよりも画面はでかくて見やすいし、文字入力もある程度はできる。
Bluetoothキーボードも持ち歩けばさらに使いやすくなる。
iPadでプレゼンやる人もいるし、正直ノートPC持ち歩く理由が減ってきてますね。
僕も今後Nexusでプレゼンとかやってみたいと思っているし。

さらにタブレットなら一日充電しなくても大丈夫。
ノートPCじゃせいぜい数時間がいいとこだし。

おまけに軽い。
初代iPadだって1kgもしない。

あと、PCからだと電子書籍ビューアーがイマイチ。
電子書籍見るならタブレットのほうが圧倒的に良いです。
寝転がってみることもできるし。


こんな感じに、スマホとタブレットを比較すると画面の大きさと電池容量くらいになってしまうけど、
ノートPCとタブレットを比較すると色々な差がでてくるのですよね。
ノートPCに勝てないところといったらマルチウィンドウができないというところと
拡張性の低さくらいでしょうか。

さすがにタブレットにBlu-rayドライブだの外部デバイスくっつけたりなんてしないでしょうし。
当然理屈上はドライバ開発すればではできるでしょうけど。

なので、あくまでタブレットはノートPCの代替品と思うのがいいのでしょうね。

Facebook にシェア
Pocket