こうしてシステムは壊れていく

Author:
green-arrows

「この一覧を表示するサイト作って」
「作りました」
「特定の条件の時だけ黄色にして」
「対応しました」
「表示条件にこれ追加して」
「追加しました」

「任意のキーでソートできるようにして」
「ソートできるようになりました」
「スマホの場合だけシングルカラムにして」
「スマホ対応しました」
「これと同じようなシステムもう一つ作って、ただしこっちはこういう条件で」
「対応しました」
「最初のやつにこの情報追加して」
「追加しました」
「もう一つのやつも変わってるよ」
「すみません」
「この条件がある時はリンクつけて、条件がない時はそのままで」
「対応しました」
「速度が遅くなったよ、もっと早く出して」
「すみません」
「システムリプレイス?今問題なく動いているからまた今度ね」
「はい」
「この情報をここに表示させるようにして」
「表示させました」
「スマホがレイアウト崩れてるよ」
「すみません」

とまあ、こういう仕様変更が多いシステムはあまり珍しくもなくて。
2、3回ほどぶち当たったことあるのですよね。
恐怖のMySQL1500万レコードとか。うっかりlike検索すると3分帰ってこないとか。
MySQLで出てきた結果1000件一つ一つに対しAPIを投げ、エラーだったら結果から除外するとか。
だいぶ偉い人ってのは無茶ぶりをするものです。

まあその結果、いつの間にかサービス終了していたところもあったりして。
そりゃそうだよな、とも思う。
ちゃんと仕様書とか書いてくれれば、こっちは仕様通り作ってますで済むのだけど。

開発スピードが速ければ速いほど負債のようなものはできてくる。
で、最後は自分の首を絞める。
偉い人はそこをしっかり理解した上で発注なり命令しましょうね。

Share on Facebook
Pocket