成功者の言葉、それは時として悪魔の言葉

Author:
l_167

世の中の成功者ってのは自分の体験談で物事を語ります。
だからこれをやったから成功した、これが最高とか言いがちです。
が、それがどんな人にも当てはまるかというとそんなことはない。
苦手な分野だってあるのです。

だからこそ、自分はそれが合うかどうかを見極めないといけない。
そのためにはどうすればいいか。
その鍵は、肩の力を抜いているかってところにあるのではと思います。

やっぱりどんな分野でも、肩に力がはいると本来の実力が発揮できないし、伸びないです。
そして何より燃え尽きてしまう。
だからこそ、うまく継続していくために、うまく成長していくためには気軽にやることが大切です。
それができない分野、気合いをいれないとそもそも始められないような分野は自分に合っていないのではないでしょうかね。

うまくできなくても、注目を浴びなくても、それでもそれができるか。
継続するコツとかそんなものも関係なく、息をするようにそれができるか。
そこがポイントかと。

僕はひねくれているのか自分なりのポリシーがあるのか、有名人が何かを言ったとしても、でもそれはこうだからうまくいかないのでは、と思ってしまうことが多々ある。
それはもちろんマイナスになることもあるけど、自分の考えのほうが正しいってこともよくある。
だからこそ、自分のアタマで考えて、自分なりに自分のペースでやることが大切なのです。

とにかく、柔軟に考えましょ。
成功者とか偉大な人が言ったから、じゃなくてそれを踏まえたうえで自分自身それができるか、できないとしたらどうしてできないか、そこを考えられないといつまで経っても前へ進めないなんてことにもなってしまいます。
お気をつけて。

Share on Facebook
Pocket