Linuxを勉強するには

Author:
linux

自分は大学時代に貸出されたPCの中にLinuxが入っていて、授業でもたびたび使った。
だから最初こそとまどったものの、作業によってはLinuxのほうが早い場合も多い。
システム触る時はこれが唯一の選択肢ですからね。

だからITの世界へ行くなら触っておいたほうがいいのですが、まあ当然ながらとっつきにくいですよね。
ってことでどうやって学習していけばいいかをまとめてみましょう。

Macで勉強

Macはベースがunixというシステムになっているため、ターミナルのコマンドがLinuxとだいたい一緒です。
細かな違いはあるものの、ここである程度触れておけばLinuxを触る時も使いやすいかと。
ただ本番とはやっぱり違うところも多いし、いじくればいじくるほどMacが汚れていく。
作りなおしとかやりづらいのが難点。

VM

仮想マシンですね。
windowsから使うにはやっぱりこれが手っ取り早いかと。
インストールの練習もできるし。
スナップショットとかも取れるから環境をいくらぶっ壊しても戻せるのが特徴。
慣れないうちはインターネットに接続するのすら苦戦するのですがね。

VPS、クラウド

オンライン上にシステムのセットアップをしてくれるもの。
ターミナルから接続して使います。
インストールを省けるのがやっぱり楽だし、どの端末からもアクセスできるのは強みですね。
ただお金がかかるので、下手に高スペックの立てると死ねますよ。

物理的にインストール

デスクトップだったらハードディスクとDVD入れるだけでインストールできます。
これもハードディスクを入れ替えればいくらでも作れるのは便利。
物理サーバーなので本番とほぼ同じ環境を作れるのがいいです。
が、ノートPCでやるのはリスクも多いのでおすすめできないです。
PC余っている人なら自宅サーバーを立てるのも悪くはないかも。

まとめ

とまあこんな感じでいくつか並べてみましたが、実際のWebサーバーとかハードウェアはほとんどがLinux上で動いている以上、勉強しないわけには行かない時も来るのです。
その時はここら辺のどれが適しているか、自分なりに考えてみましょうね。

Share on Facebook
Pocket