勉強の定義ってなんだろう

某所で一日何時間勉強しているか、という質問が出た。
それを見て、ふと思ったのが勉強ってどこから勉強なのか、と。

勉強の定義ってなんだ?

資格試験のため参考書を読んだ、これは勉強だろう。
しかし例えば自己啓発のブログ見てためになった、これは勉強なのか。
平成教育委員会を見た、これは勉強なのか。
ゴルフが上達する雑誌を読んだ。これは勉強なのか。



子供の頃は学校でやることイコール勉強ってなんとなく分かるけど、社会人になるといったい何が勉強なのでしょうかね。
なんか生きること全てが勉強、と言っていいのではないかという気がして仕方ない。


goo辞書を見ると、勉強とは
1 学問や技芸などを学ぶこと。「徹夜で―する」「音楽を―する」
2 物事に精を出すこと。努力すること。
「何時までもこんな事に―するでもなし」〈福沢・福翁自伝〉
3 経験を積むこと。「今度の仕事はいい―になった」
4 商人が商品を値引きして安く売ること。「思い切って―しておきます」

らしい。ふむふむ、なるほど。
やっぱりここに書いてあるように、学問だけが勉強じゃないのですな。
安売りも勉強なんですねえ。


となると勉強するってのは大人も子供も関係ない。
一日一時間勉強する、とか何時間勉強した、なんて言葉は結局ナンセンスなのかもしれないっすな。

結局のところ、こうやってブログを書くこともまた勉強なのでしょうね。

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly