占星術ソフトStargazerをwindows8.1にインストールする

Author:

占星術ソフトとして有名なStargazerというソフトがあります。
このソフト、確かに機能はすごいのだけれど色々と古いソフトなので最近のPCに入れるにはちとめんどい。
Delphiとか久々に聞いたよw

ってことでインストール方法をまとめます。
随時修正中。
※windows10でも同様の方法でいけるはずです

まず、本屋とかAmazonで『新版 Stargazerで体験する パソコン占星学』初版を購入します。
CD入れてそのままインストール、でもいいのだけれど実はCDの中にsgwd1202ってフォルダがあるからその中のsgwd1202Installer.exeを入れた方が楽なのですよね。
しかもsetup.exeからアップデートしていく場合、なぜかうまく動かないPCもあるらしい。

とりあえず今回はsetup.exeからインストールします。

Surfaceとかタブレットに入れる場合、CDの中身をまるごとUSBメモリーやSDカードやクラウド経由でうつすかUSB接続のCDドライブ使いましょ。

インストール自体はwindows8.1でもタブレット普通に終了します。
が、この状態では起動してもまともに動きません。

ってことでアップデートファイルを入れましょう。
まずは下記サイトへアクセスして、Stargazerのメンテナンス→sgwd2006.1からStargazer12.02へのアップデートを開き、sgwd20061to12.exeとpointdataupdate12.exe、sgwd1201.exe、sgwd1202.exeをダウンロードします。sgwd1202Installer.exeを入れた場合は不要です。
しかしフレームレイアウトって随分昔のUIだなぁ。。

ケロプッタの教え

stargazer1

次に「Stargazer12.02アップデート」を開き、sgwd12020a.exe、sgwd12020c.exe、sgwd12020d.exe、sgwd12020e.exeをダウンロードします。


<追記>
書き間違えていた!入れるのはa、c、d、eです。bを入れる必要はありません!!

stargazer2

なお、一番上で書いたsgwd1202Installer.exeをインストールした場合、sgwd12020c.exe、sgwd12020d.exe、sgwd12020e.exeだけで大丈夫みたいです。

次に、C:\Program Files (x86)にあるsgwd2006ってフォルダ(sgwd1202Installer.exeを入れた場合はsgwd1202)を開き、先ほどのファイルを全部コピーします。
標準ユーザーとかだとProgram Filesが見れないかもしれないので気をつけて。

後は
pointdataupdate12.exe
sgwd20061to12.exe
sgwd1201.exe
sgwd1202.exe
sgwd12020a.exe
sgwd12020c.exe
sgwd12020d.exe
sgwd12020e.exe
の順にインストール。ダブルクリックでいいです。

stargazer3

全部終わったら、デスクトップにsgwd.exeのショートカットを作成。
右クリックでデスクトップにドラッグしましょ。
そのショートカットを右クリックしてプロパティを開き、互換性タブの「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェック。
stargazer4

で、起動。
基本設定を開き、ディレクトリ設定初期化をクリック。
なぜか作成データ格納先は(x86)がつかないのでそこは手動で修正しましょ。
設定書込をクリックして終了。

出生データを開き、testsampleをクリックして出生データメンテナンスをクリック。
右上のウィンドウ(チャーリー・チャップリンとか出てる部分)をクリックした後データ追加をクリック。
データを入れて決定。
今入れた名前をクリックして終了。
ホロスコープ3重円をクリックしてちゃんと表示されればOKです。

しっかし癖のあるUIです。
一昔前はこういうの多かったけど。
個人的には機能は多いものの、好きではないソフトですね。

Share on Facebook
Pocket