どんなスパムメールだったら開きたくなる?

メールという文化が発達して以来、スパムメールというものは常にユーザーを困らせています。
しかしそれなりにこの文化に慣れてきた人ならまず開くことは無いでしょう。
んじゃあ、逆に考えてITの世界に精通する人でも開いてしまうメールはどんなものでしょうか。
自分のような人間でも添付ファイルを開いてしまうメールはどんなもんでしょうか。



100万円当たりました


まあ定番。
送ってもないところの賞金が当たるなんてありえないし、さすがに嘘くさい。
まだ「抽選結果のご案内」なんてタイトルのほうがあれ、なんだっけという気になるかも。

請求書のご案内


これスパムメール系でよくありますね。
払わないと裁判起こしますとかなんとか脅すメールもあったり。
でも何時何分に何を買ったか、なんて情報はどこにも書いてない。
連絡先の企業名すら書いてない。
これで振込先だけ送られてもどないせいと。

写真


先日はありがとうございました。
写真送ります、という類。
その前にお前誰だよ、と突っ込みたい。
どのイベントで出会いました、とか名前くらい言ってよ。

会いたい


もっと露骨なタイトルは今でも時々来たりするか。
この手のメールはしつこいくらい来るし、速攻ゴミ箱行き。
ただ自分に会いたい人なんているはずない、と思ってしまうのは悲しいですがね。

お久しぶりです


知らない名前とかじゃ反応するわけでもないけど、知ってる名前だったらちょっと気になるかもね。
で、それっぽい文言だったらさすがに添付ファイル開いてしまう可能性は無いとも言えない。
ここで上げた中では一番悩みそうですね。

まとめ


やっぱり文言が重要かも。
いかにも普通の人が書いたような文言で添付ファイルがあると危険度低と判断してしまうかも。
逆にテンプレート的なメールだとITに精通した人にはまったく見向きもされない。
Gmailのフィルターに引っかかって開けないかもしれないですね。
ってことでウィルスメールとか送る場合は文言を再考しましょう(何を進めているんだ自分)