「遅れて申し訳ございません」を定型文にしていませんか?

Author:

いろいろな人とやりとりすると、決まってこの文をくっつける人がいる。
「遅れて申し訳ございません」

待ち望んでた人からの返事が返ってきた、と思ったら
「遅れて申し訳ございません」

なんかね、ネガティブな一行から始まっちゃうと一気にテンションダウンしてしまうのですよね。
僕は別にいいのですけど、書くほうはどう思うのでしょ。
毎回毎回、定型文のように申し訳ございませんと謝って、自分自身良い気がしないのではないかなーと。
常に謝ってばかりじゃ自信を無くしやすくなるし、メンタル的にも良くないです。

こういう場合、本当に申し訳なく思っているけどなかなか改善できない場合と、
別にそこまで申し訳ないとは思ってないけど条件反射的に気がついたら謝ってる場合があるのですよね。
「いつもお世話になっています」とかそういったものの代わりになっちゃってる。


どっちにしろ面倒くさい。
図々しい性格じゃないのはまあ分かるけど。
メールのやりとりってその人その人違うし、そこまで気にする必要ないのですけど。

とある知り合いはすぐに返事を返せないっていつも言ってるからこそ、
遅れてごめんとかそういう文章は一切入れないし。


だから結局のところ、そういうのを改善するには開き直るかツールとかを利用して
早めの返信をできるようにするか、ですよね。
世の中リマインダーとかたくさん出てるし、うまく活用すれば毎度毎度申し訳ない気持ちに襲われることもなくなる。


まあ、まずは何故返事が遅れるか、その原因を突き止めることが大事かと。
どこかにその要因があるわけで、それを見つけることが先決ですよね。

ちなみに返信が遅れても別にいいやって人はそれはそれでいいと思いますよ。

Facebook にシェア
Pocket