山口揚平さんの『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』を読んでみた

Author:

またタイトルなげー本。
会社辞めようかなと思ってるのはけっこう昔からなのですが。

好きでどうやって食っていくかの方法を中心に書かれているので、
独立を目指す人向けの本ではあるのですが、転職という面で見てもけっこう参考になることも多い。
成功率より失敗率を気にするとか、その仕事は金に近いのか夢に近いのか、とか。

他にも売れるビジネスのパターンとかが色々書いてあるのですが、なるほどーと思えるのは自分がただのエンジニアではないという事なのか。
自分、将来的にものつくるだけの人間じゃなくなるのかもしれませんな。

ディズニーランドの売上が実はお土産中心のビジネスってのはびっくりしました。
サービスを作る側、使う側じゃなくて第三者がお金を払うビジネスってのもあるんですね。
考えてみれば親が払うとかよくあるし、介護の場合は完全に第三者になるわな。

てかこういう独立系の知識はきっと自分のためじゃなく、
周りの人が独立した時に支えとなる本かもしれませんね。
きっと中小企業診断士とかコンサルタントとかを目指す人もこういう本は読んでおいたほうがいいんじゃないかと思います。

Facebook にシェア
Pocket