見えない誰かが喜んでくれてる

Author:

以前作ったちゅうもえサロンのFacebookアプリがまた見えないところで喜ばれていたらしい。
そんな大したもんじゃないのだけどねえ。

もう何度も言っているような気がするけど、やっぱりこうやって発信することが見えない誰かの力になったりする事って多々あるんですよね。
そろそろおなじみになってきたのですが、意外なところで意外な人から尊敬されてるだのすごいだの言われるとちょっとびっくり。
だから誰も見てくれないと思っても発信を辞めてはいけないのでしょね。
継続することは自分の力にもなるし。


まあ何より毎日何を書くか楽しみでもあるのですけど。
楽しくなくちゃ毎日ブログなんて書けない。
楽しいから毎日書きたくなる。
どこかの誰かに届けーって手紙つけて風船飛ばしているような、そんな感覚。
返事が来なくて当然。来たらすごく嬉しい。


てかこれはブログに限った事じゃないですよね。
人によってニコニコ動画にアップするとか、展示をやるとか色々だし。
継続して好きになっていくのか、好きだから継続するのかは人によって違うでしょうけど。


しかしここまでブログを書くようになるとは想像しなかったですなあ。
確かに以前から日記とかローカルでテキストは色々書いてたけど。
こんなところに眠っていた力があるとは。

自分の才能を探すには意外なところを見るのがいいのかも。

Facebook にシェア
Pocket