Solitude

Author:

先日読んだ「賢者の宝物」と言う本にこんな詩が出てた。

あなたが笑うとき、世界はいっしょに笑い、
あなたが泣くとき、あなたはひとりきり。
この悲しい世界が求めているのは陽気さで、
悩みのたねはこれ以上いらないから

なんか有名なのかなーと思ってちょっと調べてみたら、エラ・ウィーラー・ウィルコックスという方の詩らしい。
100年くらい前に亡くなっている人みたいだけど、この詩を見た瞬間に何かびびっときた。

みんな一緒に笑ってくれるけど、誰も一緒に泣いてくれない。
これ、ちょっと悲しいですな。
一緒に泣いてくれる人だってきっといるとは思うのに。

とりあえずこれが原文っぽいですね。

Laugh, and the world laughs with you;
Weep, and you weep alone;
For the sad old earth must borrow its mirth,
But has trouble enough of its own.
Sing, and the hills will answer;
Sigh, it is lost on the air;
The echoes bound to a joyful sound,
But shrink from voicing care.

Rejoice, and men will seek you;
Grieve, and they turn and go;
They want full measure of all your pleasure,
But they do not need your woe.
Be glad, and your friends are many;
Be sad, and you lose them all,—
There are none to decline your nectared wine,
But alone you must drink life’s gall.

Feast, and your halls are crowded;
Fast, and the world goes by.
Succeed and give, and it helps you live,
But no man can help you die.
There is room in the halls of pleasure
For a large and lordly train,
But one by one we must all file on
Through the narrow aisles of pain.

とりあえず前向きになれよ、って事ですかな。

詩集って全く読んだこと無いし、一度読んでみたいですな。
経験が少ないものほど得られるインスピレーションは多いですからね。

しかし英語は苦手ですな。。。

Facebook にシェア
Pocket