現実拡張スマホ仮面

Author:

スマホ仮面サントラCD、500円で売りますからスマホ仮面の紹介と感想書いてくださいという事なので改めて書きます。

って、すでにどっちも書いているのですけどねw

http://ogatism.jp/smapho_cloud/
スマホ仮面を振り返ってみた・その1

まあスジャータ実際に行ってウォーレン・リウ氏から色々な裏話とかも聞かせていただいたので、また違った書き方ができると思います。

そんなわけで、まずは感想から。

第1話 アプリで変身?スマホ仮面、参上

バーで一人ジンジャーエールを飲んでいる新郷ダンとバーテンの会話から始まる。結局このバーテン矢ヶ部、もっと物語に絡むかと思ったけど脇役で終わっちゃいましたねえ。
バーテンダーって色々な秘密を知ってる事が多いから、もうちょっと舞台に出させてあげても良かったかなと思いました。

てかお店に行ったことある人は知っている。この時はテレビがブラウン管ですが、今はアクオスになっているのですw
興味がある人は行ってみましょう。

んで、スマホを勧められるダンさんと鈴木店員の会話。長田さん面白いなあ。あの早口のところは実際何を話していたんでしょうかw
ポーチンとスマホの話をする場面あたり、大丈夫Pの名前がこっそり出てたりして細かいところを見ると面白いですねえ。


んで、変身からバトルまでの場面は徹底的にかっこ悪く、ダサく作っているのが素敵すぎる。
しかしスマホパンチとかQRコードとか、手が込んでいてそこら辺はさすがですねー。
これが最後にはどうなるのか、続きが非常に気になる一話でした。

第2話 今こそ課金だ!必殺スマホキック

展開早いよ!もうフル装備だよ!
前回のYouTube字幕サービスで出てきた東須磨子をネタにするとはさすがです。
「とうとう入場券もうどんに」という記事が気になるw

以前から松岡さん、中山さんが出るとは聞いていたのですが、実際見たら「あれー!川上絢子さんがいるぞ!aiさんに山下龍大さんもいるぞ!」と驚いてしまいました。


†劔†さんのカッコ良さとスマホ仮面のカッコ悪さがすごい良かったですねえ。ダブルラリアット、ニコニコ界隈の人には爆笑ですけどそれ以外の人には元ネタが分からなかったかもしれまんせんが。

それにしてもフル装備の強さ、異常ですなあ。


黒幕は予想外。
そう来たかーって、ストーリーを考察するのも楽しかったです。

第3話 恋するスマホ仮面!私が愛したネカマ

なんとプリティランボーがまた出てくるとは。
とりあえず長谷川さん胡散臭すぎです。「手違いでメアド登録」ってどういうことですかwww
ポーチンさんは「ちん」の後に何を打ったのですかー

無精卵Tシャツ買っちゃおうかな。時空動画イベントに毎回着ていく時空Tシャツも良いんですけど。
DEEP戦闘員Tシャツ
ダンさんの思い、チカの思い、ポーチンの思い、色々なものが詰まっていながら綺麗にまとまっている話だなーと思います。


このロマーナというカフェ、以前から川上絢子ちゃんにおすすめと言われているのですがなかなか行く機会がない。
新宿御苑なんて普段行かないからなぁ。
しかしアキラの演技がなんというか、素ですよねえ。
やっぱり学生時代はゲフンゲフン。



ここら辺からスマホ仮面、実は生身でも強いんじゃって気がしてきました。
最終話の動きといい、実はダンさん格闘をやってるとか設定があったほうがよかったのかも。

第4話 征戦!ケロベルスへの最短ルート

4話には自分も少し出てます。
戦闘員に一般人に、かなり大人数が集まった撮影でしたねえ。寒かった。
監督も色々うまく指揮できていなかったけど、これはこれで勉強になることも多かったんじゃないですかね。


こないだスジャータ行った時に「うちらのシーンカットされちゃいましたねえ」とか二人で笑ってましたw


エキストラの時にざっとあらすじ聞いていたけど、こんな感じに編集したんだーって、色々なるほどな、という感じ。
そして挿入歌が流れながらの戦闘。ここが一番かっこいい。
一番見返しているシーンです。

チカちゃんの「やるじゃん、スマホ仮面」でなんかほんわかきました(^^)


他の戦いに時間を取られたせいか、
若干ケロベルスとの戦いが短かったかな。
読めないQRコードも多いし、時間の制約が色々あったんだろうなって気がしました。

第5話 黒苺、幻惑のジェイルブレイク

とにかくアクションと効果がたくさん詰まった5話。
ウォーレンさんの話によるとこの5話、全然内容が違ったらしいですがそっちも見てみたかったです。
他の3人はしっかり倒していたのに、今回は相手側の自爆という点が物足りなかったのですが、
この話を先に撮った、かつスマホ仮面は弱い、で作っていたのだから仕方ないか、とようやく理解。

しかし作り方はなんとなく分かるけど、これ死ぬほど大変ですよね。
絶対に自分にはできないっす。そこまで根気ない。

パケット通信料、誰もが53万かと思ったら実は530万だったり、
劔さんのわけわからんテンションが面白かったり、
最終回に向けてのまさかの黒幕登場とか、色々と見どころある回でした。

第6話 ヒーローっていいね!(前編)

前編はけっこう王道的な感じでしょうか。

ヒーローを辞めた主人公が子供達に応援されているのを実感し、再び戦場へ戻っていくってのはよくある光景ですよね。

そして>>404、なかなかの悪役っぷりが素敵です。時空動画チームは悪役が維新忍者くらいしかいないからなあ。

そういえば水槽のお魚そろそろ食べれるかな、とか古賀スミレ嬢が言ってたんですけど、あれ食べちゃうの?w

最後の最後で結婚してくれるか、とスマホに話しかけるダンさんに笑いながら、いよいよ本当の最終回ですね。

第6話 ヒーローっていいね!(後編)

最終回ですが、ウォーレンさんから聴いた話だと「最後だから監督のやりたいようにやらせてあげて」とみんなが言ってたとかなんとか。
それだけ見えない所で色々な葛藤とか意見の食い違いとかあったんでしょうね。

すごく見せ方とか面白いんだけど、>>404がどうしてこういう人間になったか、そういう描写が欲しかったです。
きっといじめられっ子だったとか、そういう過去を色々抱えていたんでしょうけど。
それが全然見えなかったのがちょっと寂しい。
悪には悪の戦う理由ってのが必要だと思います。

他の人もしかり。
木馬君の「僕が自分でいられるのはこれを着ている時だけ」っていうセリフくらいしか彼らの生き様が見えないってのが個人的に残念。
時間の制約とか色々あったんでしょうけど。

ARを使わずに結局現実の戦い方に戻ったってのがまたかっこいいですな。

んで、エンディングで初公開となる「君の手」
よく聞くと今までに使った曲に歌詞を入れてるんですね。
楽曲も課金でダウンロードとか1話のコメントにあったけど、全部ダウンロードが終わったってことなのでしょうかw
色々知っているスタッフも多く、楽しませていただきました。

これで全部。色々と心に残る作品でした。
お疲れ様でした。

クラウドファンディング

さて、続いてクラウドファンディングについて。
以前ブログにも書かれたとおり、スマホ仮面は現在クラウドファンディングを行なっております。

簡単に言うと、スマホ仮面の続編作りたいから募金してください、という事です。
情報社会の「イマ」を切り取るインターネットヒーロードラマ『現実拡張 スマホ仮面』スペシャル制作

500円から応募できて、順次特典がついていきます。
1000円出すだけでエンドクレジットに名前が載るんで、これは素敵ですぞ。
現在50万円以上が集まっていますが、まだまだ募集中。みなさんの援助で、もっと素晴らしい番組を作ろうではありませんか!


しかし今回のスマホ仮面というプロジェクト、インターネット界隈に大きな影響を及ぼしたんじゃないですかね。
まだまだ知名度が足りないけど、無償で作ったシーズン1。
そして時空動画本編。
いつかこの人達が業界に影響を与えるくらいまで成長するように応援しています。

がんばって下さい!

Facebook にシェア
Pocket