届かない可能性のあるメールという手段はいつまで続くのか

Author:

一昔前はメールってものが当たり前のように使われてました。
今でもビジネスでは主流です。

が、昨今はあちこちでメールが届かないという事例が発生してますよね。
迷惑メールの存在のせいで。

迷惑メールを弾いてくれる、というフィルター自体はありがたいのだけど、本当に必要なメールまで弾いてしまってはどうしようもない。
そういうわけで、メールが連絡手段、というサービスは廃れていくんでしょうかね。
届かないだけじゃなくて打ち間違いだのウィルスだのスパムだの問題だらけだし。
今でも会員登録は各種OpenIDってのも増えてきてるし。

んで各OpenIDプラットフォームが繋いでいるところ限定で受信できるメッセンジャーみたいなもの用意すれば、迷惑メール的な問題は解決できるのでは。
もしくはもうメールアドレスだけじゃなくてSNSのIDとかも必須にするとか。

携帯はメールと電話だけできればいい、という人もよくいるけど、そのメールが今現在不通問題にぶち当たりやすい以上そういうわけにもいかなくなるんでしょうね。
プロトコル的にも色々改ざんできてしまうし、時代の流れというのはそういうものである。

ってことでサービス運営側も一般利用者もそういう新しい時代に乗り遅れないように。
あんまり未来の無いメールというサービスに頼り切らないことが重要です。

Share on Facebook
Pocket