ルーチンをどこまで守れるか

Author:
track-practice

みんなそれぞれ習慣化に向けて取り組んでいるものが何かしらあるでしょうけど、
そんな時に邪魔するものは必ず現れます。
んで、さあそういう時にどうしよう、となるわけです。

予め分かっている予定ならどうにでも調整できますが、例えば子供が熱出したとか、女の子から「今から会いたい」とか連絡来るとか何それうらやまけしからんって事があるかもしれません。
まあ別にサボってもいいものってたくさんあるし、何が何でも習慣化しないといけないものってあまり無いです。
サボったからと言って世界が終わるわけでも無ければ、自分が死ぬわけでもない。

ここら辺でだいぶ人の性格の差が出てきますね。
おそらく、まあいいやという人と、いややっぱりやりたいという人が出てくるでしょう。
時間がない、忙しい、それでもやりたいというルーチンがあるなら、どうにかして時間を作らないといけません。
そうなってきた時にスキマ時間の使い方ってのが重要になるのですが。

そういう時に自分がどっちを取るかってのはなかなか面白いですね。
自分の場合はだいぶ内容に左右されますけど。
なぜかブログはどんなに忙しくても書いてしまうのが不思議。
別にこれこそサボっても何も人生変わらないのですけどねえ。
なんで自分は終電で帰ったとしてもブログを書くのだろうか。
自分でも分からない。

まあそれは置いといて。
そういうときでもやりたいと思うものって、やっぱり自分にとって大事なものなんでしょうね。
そういうものが見つかったら、それは大事にしてあげましょう。
いつかきっと大事な力になるはずなので。

Share on Facebook
Pocket