【IT支援部】sambaインストール・設定

とりあえず誰でもアクセスできるように設定。



まずはインストール。

yum install samba.x86_64


んでsamba用のディレクトリ作る。

mkdir /samba
chmod 777 /samba


設定ファイルを編集。

vi /etc/samba/smb.conf

workgroup = WORKGROUP
hosts allow = 127. 192.168.
と修正。

[global]に
dos charset = CP932
unix charset = UTF8
display charset = UTF8
を記載。

途中の行に
security = user
があるので
security = share
にする。

一番最後の行に
[SAMBA]
path = /samba
writable = yes
read only = no
guest ok = yes
browsable = yes
create mask = 0777
security mask = 0777

こんな感じで追加。


ファイアウォール、SELinuxを確認の後サービス起動。

[root@localhost selinux]# /etc/init.d/smb start
SMB サービスを起動中: [ OK ]
[root@localhost selinux]# /etc/init.d/nmb start
NMB サービスを起動中: [ OK ]


Windowsから\\192.168.X.Xでアクセス出来れば終了。

Author Info(オガティ

エンジニアとして勤め、インフラ周りの開発を経た後Web業界へ異動。
プライベートでもブログ「ogatism」の運営や電子書籍の執筆、占星術師としての活動など幅広い分野で活動中。
詳細はこちら

占い鑑定レポート作成サービス受付中

◆ ogatismをFeedlyに登録 ◆
follow us in feedly