サガスカーレットグレイスをやってみた感想

Author:

スクウェア・エニックスから出たサガシリーズの新作、サガスカーレットグレイスをプレイしています。
ってことでとりあえず何時間かやってみた感想を。

行ける場所に制約あり

どうもストーリーを重視しているせいか、行ける場所が色々制限あるのですよね。
イベントすっとばして次の街へとか基本無理。
バーバラでフロンティアイベントこなさないで別のとこ行くとか、ツヴァイクもユーステルムも飛ばしていきなりランス行くとかはできません。
このせいで武器強化用の素材集めが難航。むぅ。

持てる武器は一種類

サガシリーズってけっこう一人が複数の武器を持って使い分けることが多いですよね。
今回はバトル前に装備の付け替えはできるものの、戦闘が始まったら武器交換はできません。
槍とか小剣中心のパーティーで骸骨とバトル始まったらもう付け替えられないのは厳しい。

ダンジョンを歩き回らない

ロマサガとかサガフロみたいにダンジョンを歩き回ってお宝探索とかすることはありません。
ダンジョンに入ると何回かモンスターとの戦闘があって報酬をゲットするのみ。
しかもモンスターは固定。よくあるソーシャルゲームみたいにバトル3回とかそんな感じ。
探索する楽しさとかモンスターを避けるテクニックとかが無いのは少しさびしい。

街が寂しい

基本的に街も鍛冶屋しか無いところがほとんど。
歩き回ることもなく、選択肢から鍛冶屋を選ぶだけ。
町の人の話を聞きまわることもないのはちょいと寂しいですよね。

ロードは遅め、モンスターは強め

バトルのターン始まりとかは少しロード時間がかかるし、モンスターは強め。
normalでも一人気絶する人が出ること多いです。
hardはいつも全滅ギリギリのところになるし。
しっかり成長させないとなかなか先へ進むのが難しいですね。

まとめ

まあ従来のサガみたいなうじゃうじゃいるモンスターをかき分けるとか探索要素は無いけど、ひらめきとか陣形とかLPとかおなじみのものはあるし、音楽もグラフィックも良い感じ。
個人的にはまあ良いんじゃないの?という印象です。

Share on Facebook
Pocket