映画るろうに剣心 京都大火編を観てきた

Author:

現在会社をお休みしているので、先日上映された
るろうに剣心の実写映画版を観に行ってきました。

今回は志々雄編ですね。一番るろ剣で面白かったところ。
と言ってもるろうに剣心見たの志々雄辺の途中からなんだけど。

最初の斬馬刀左之助との戦いとか、
満喫でさらっと見たような気もするけどあんまり覚えてないなあ。

結論から言うと、すごく良かったです。
ここまでアクションと殺陣が良いとは思わなかった。想像以上。
まさに無双ですね。

セットも片っ端からぶっ壊れるし、相当なお金を使っているのがよく分かる。
エキストラとかの殺陣師もうじゃうじゃ出てくるし、
非常にかっこよかったです。
アクションとか好きなら見ておいて損は無いかと。


キャラクターも原作とあまり変わらない感じか。
宗次郎とかいいキャラしてましたね。
るろうに剣心はまだ必殺技もある程度は現実でできそうだから違和感が少ないのか。

ドラゴンボールとかストリートファイターのように光線とか出ないし。
でも最近の映画って特殊効果すごいし、
あまり漫画と映画の境目少ないのかもしれないっすね。
聖闘士星矢の実写は見てないけど、あれどうだったのかなあ。
そのうちレンタルしてみようっと。


来月の伝説の最期編は左之助の二重の極みとかも出てくるのかな。
ニコニコではやったあれが実写になったりしてw

しかし劇場行ったの久々な記憶。
ほんと年に数回しか行かない。
嫌いってわけじゃないけど、家で見れば細切れの時間で少しずつ見るとかできるし、
ながら作業で見れるからってのが大きい。
不特定多数の人がたくさん集まるからまれに不快な客もいたりするしね。

あんまり大スクリーンってのにもこだわりないし。
ただ演劇となると、一箇所を見るわけじゃなくて空間そのものが重要だから
DVDよりずっと生で見たほうが面白いです。
生の殺陣はドキドキしてくる。


ってことで、実写映画に抵抗が無くてアクション好きなら
見ておくのをお勧めしますよー。

Facebook にシェア
Pocket