心が折れそうになった時は内省してみよう

Author:

こんな記事があった。
→ 折れない心と本当に自分に必要な自信を持つ5つのステップ

なるほど、確かに同意。
振り返ると過去の日記ってやっぱり心が折れそうになった時の文章のほうが多いのですよね。
だから楽しいこと無かったっけ、と思うことも多かったり。
楽しいことってすぐ忘れるから、そういうものこそ残したほうがいいのですけどね。

僕はストレングス・ファインダーでも内省を持っているように、自分がなんでこんなに落ち込むかとか、
自分の感情を冷静に客観的に見つめることが多いのです。
この記事にも書いてあるように、なんでこんな気持ちになったかを整理して、内省してとりあえず書いておきましょう。

ちなみに内省ってのはあまり聞き慣れない言葉かもしれないけど、
「なんで自分はこういう事をした」という根本を探る行為です。
反省とはちょっと違う。


そうしてみると意外とそれは簡単に解決できそうな事だったり、
自分が心の底で欲しがっているものが分かったり、普段見えていなかったものが見えてきたりします。

そしていつしかそれを見直すと、ずいぶんちっぽけな事で悩んでたんだなあとか、
あの時はつらかったっけ、と楽な気持ちで見ることができます。


それこそが成長の証。
ブログもそうだけど、自分が成長しているかどうかなんてものは過去を見ないと絶対に分からないのです。

過去を振り返るなとか今が大事ってのはもっともなんだけど、
過去が無いと成長が実感できないのですよね。

なので過去を保存しておくことは大切だったりします。


さあ、今落ち込んでいるそこのあなた、ノートを開いて何か書きましょう。
いつかその文章があなたの力になるはずだから。

Facebook にシェア
Pocket