赤魔道士でも高等魔法を使いたい

Author:

オガティさんという人間はフットワークの軽さもさることながら、
かなり汎用性の高い人物である。
色々なことができるのですよね。

ブログも書くし、プログラム書けるし、占いの知識あるし、ピアノも少しできるし。
動画編集とかもたまにやるし、まれに自炊もする。
ゲームもやるし、カラオケも行く。
いわゆる赤魔道士なのですよ。
色々なことできるけど、いかんせん突出しない。


プログラムやIT知識も上には上がいる。
ブログだってまだまだ大したアクセスもない。
いかんせん器用貧乏なところがあるので、
個々の力をさらにレベルアップさせないといけないなあと思っているのですよ。
赤魔道士だって高等レベルの魔法を身につける必要があるのです。

赤魔道士ってのはファイナルファンタジーに出てくるジョブ、職業の一つ。
剣も使える、攻撃魔法も使える、回復魔法も使えるとなんでもできる代わりに
個々の能力は戦士とか魔法使いには勝てないという職業。

この赤魔道士自体は嫌いじゃないのですよね。
ある程度地盤を作っておいて、あとは専門家に任せますって感じもできるし、
専門家がちょっとだけ手が足りないという時にはサポートもできるし。
ただ、どうしてもエッジが弱くなってしまう。


強みは何ですか、と言われるとなんでもできるけど、
突出したものはありませんという答えになってしまう。
何でも屋さんってのはエネルギーが分散されるから仕方ない。

それはそれで良くもあるけど、良くない点も多いのですよねえ。
少しずつ絞っていく必要がある。


だから昨今は講座とか勉強会とか行っても、
できる限り中級レベルまでは進めようとしているのです。
もちろんそれでトップクラスまで行くには時間を割ききれないところもあるけどね。
今の占星学講座初級も、初級のカリキュラム終わったら中級やるつもりだし。
赤魔道士だってフレアやメテオまではいかないものの、
ファイガくらいまでは覚えたいです。

ってことをたった今モチベーション・マネージャー資格アドバンスドに
申し込んで思った。
受かるかなあ??

Facebook にシェア
Pocket